ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

エキサイトブロガーハンドメイド作家特集 Vol.34

2010年12月08日04時01分
プロ・アマチュア問わず、実はハンドメイドの達人が多く利用していることでも有名なエキサイトブログ。そんなエキサイトブロガーから、選りすぐりのハンドメイド作家の方々の、とっておきのアトリエをご紹介。

今回は 「Cercle」のyukariさん「カエルのはんこ工房」のケロさん「a piece of dream*」のhanaさんの3名の作家さんにご登場いただきます。


♯1 オリジナル図案でひと針ひと針手がけたクロスステッチがすてき――「Cercle」のyukariさん


フランス刺しゅうの美しさをイメージしながら現代風に自分らしさをプラスした作品作りを楽しむ、yukariさんの登場です!

yukariさん
大阪府吹田市在住。2006年より「ccchome」というサイト名でハンドメイド作家として活動を開始。2010年より現在の「Cercle」という活動名に改名。「Cercle」(セルクル)とは、円・サークルのフランス語読み。活動を通じて、「まあるく、人と人とのつながりを大切に手作りの輪を広げていきたい」という思いから命名。同名のサイト「Cercle」も運営。

「Cercle」



リビングと共存しているアトリエスペース。家族と話しながら制
作できる空間。

――手作りをはじめたきっかけは?

本格的に活動をはじめたのは、娘が生まれてから…。「娘に作ってあげたい」「親子お揃いで身につけたい!」という思いから手作り熱は過熱していきました。
アンティークショップなど雑貨巡りが好きだったので、まだ幼稚園に入ってない娘を連れて、手作りのバッグや服などでお出かけしていた時、あるアンティークショップのオーナーさんから声をかけていただいて、委託販売をすることになりました。その委託開始がきっかけとなり、サイトを立ち上げました。今があるのは、そのアンティークショップさんのおかげです。

しかし、原点を辿れば小学生の頃。部活はソフトボールと活発でしたが、クラブ活動は3年生から6年生まで手芸クラブに入っていました。ベストやマフラーを編んだり、スカートや小物を作ったり…、フェルト遊びも好きでした。
母も自宅でミシンを踏んでいましたし、編み物も得意です。その母に教えてもらいながら、手芸店で買ってもらった、ぬいぐるみキットやクロスステッチキットなどで、手作りをしていました。中学生のころからは、スポーツに熱中し、手作りからは少し離れていましたが、人にプレゼントする時には必ず手作りのものをプレゼントしていましたね。

――得意な分野は?またその分野に興味をもったきっかけは?

クロスステッチですね。
2005年頃、アンティークショップ巡りをしていて、クロスステッチしてあるアンティークリネンを見たとき、ものすごく魅かれました。でもなかなか欲しいイニシャルに出会わなかったり、値段も高めだったりしたので、自分で作ろうかなと思って…。そんなとき、本屋でリネンに刺しゅうする本を見つけたので、さっそく購入し勉強しました。それが、リネンにクロスステッチしはじめたきっかけです。
主にオリジナルで制作した図案を用いて刺しゅうし、作品のアクセントにすることが多いですね。作品は、バッグ・布小物・アクセサリーなどを制作しています。




(左)浅めのワイン箱をペイントして、アンティークのクギをフック代わりに。
(中)作った図案はプリントして、図案ノートに…。「私の宝物です」
(右)ふんわりトートバッグ。見た目よりたくさん入るので使い勝手も便利。



革と刺しゅうがポイントのがまぐちポーチバッグ。「こんな雰囲
気のポーチバッグは見たことがない、って友だちにも評判です」
―yukariさんにとってハンドメイドの魅力&自分らしい作品作りのポイントは?

いま、ないものを生み出せるのがハンドメイドの魅力だと思います。絵を描くように作りたいものをデザインして、その平面図を立体的にするにはどうしたらいいかな…と型紙作りをして。失敗ももちろんあるけれど、最終的には思い描いたカタチに近づけていく…。そんな工程が大好きです。
クロスステッチ図案も自分で作ります。やはりデザイン画を描き、思ったような図案に仕上げていきます。フランスの刺しゅう本のようなすてきな雰囲気を目指しつつ、自分なりのオリジナリティを出して図案作りをしています。
私らしさという点では、昔のフランスで愛されていたような美しい刺しゅうと、現代に使いやすいデザインのバッグ・布小物を融合させたような作品…と言ったらいいでしょうか。そんな作風を心がけて制作しています。

――他の分野で挑戦してみたいものは?

フランス刺しゅうです。美しいホワイトワークやレッドワークなど、糸の整った凛としたサテンステッチに魅かれます。時間がある時に練習していますが、まだ作品として並べるほどの腕ではありません。マクロ撮影で納得できる美しい刺しゅうができるようになるまで、練習しかありませんよね。
あと、刺しゅうの講師資格を取得するため、時間のあるときに頑張っています。

――これから作ろうとしているもの、また今後の展開を教えてください。

海の日に開催されたホームクチュリエVol.8が無事終了しました。出展は今年で5回目だったのですが、緊張と不安は変わりません。でも、5度目にして、少しずつみなさんとの会話も楽しめるようになれたような気がします。
今後は、「ホームクチュリエWEST Vol.2」が9月23日の祝日に大阪のヴォーグ学園で開催されるので、そちらにも出展させていただく予定です。関西のハンドメイドがもっともっと広がればいいなという思いです。
まさにCercle(セルクル)の言葉どおり、円のように手作りの輪がどんどん広がることを期待して、これからも活動していきたいと思っています。





続いて、大人モチーフの消しゴムはんこ作品がおしゃれなケロさんの登場です!

1 2 3 >>

布雑貨 , エキサイトブロガー , アクセサリー , ハンドメイド , 消しゴムはんこ , 布小物 , グリーン雑貨 , 刺しゅう , 洋服 ,

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.