ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

大好きな「紙」から「花」「和」「洋」へ世界を広げて―正久りかさん

2009年12月04日01時01分

今年はかるた作りにも挑戦!


アートフラワーのリースブレス。バッグアクセサリーにも使える。
―新しい試みを繰り返すうちに、手仕事のテーマが増えていったんですね。また、気づきというか、転換のきっかけが紙というのも正久さんらしいのでは。

ああ、そうですね。自分ではとくに意識していないのですが。現在は「紙・花・和・洋」の4つのテーマがあって、広げすぎかなと思うこともあるのですが、すべて自分のなかにあるものですし、トーンが同じなら自然なのではと考えています。

―ホームページを拝見すると、向田邦子研究会のお仕事もされたようですが。

向田邦子さんの生誕80年を記念したバインダーを作ったんです。研究会の会員に友人がいたのが縁で、私も向田さんのファンなので引き受けたのですが、けっこう大変でした(苦笑)。

―研究会の方々のこだわりは大変なものでしょうね。

向田さんがお好きだった黄バラを切り絵のつなぎ模様であしらって、布の色は妹さんが経営されていた小料理店「ままや」のマッチや暖簾の色に近いものを選びました。みなさんとても熱心なファンなので、デザインするのもプレッシャーが…(笑)。でも、とても勉強になりました。250部と大量なので、自分で手作りするわけにもいかず、業者に発注したのですが、そうやって大量に作るのもおもしろいなと。実は、今年はかるたを作ろうと思っているのですが、それもこの仕事がきっかけになったのかもしれません。

―大量に作る楽しさですか。

バインダーが研究会のみなさんに喜んでいただけて、引き受けてよかったって嬉しかったんです。かるたは押し花の本のときに撮影用に作ったことがあって、ライターさんが撮影用のかるただけじゃなくて、46文字分の文章を書いてくださったんですね。「さ」は「さくらさくら 胸はずむ入学式」というふうに、とても素敵な文章なんですよ。かるた専門店の方に話してみたら、製品化したらと言っていただいて。


(左)切り紙をあしらった、和のついたて。 (右)花と炭をあしらったボックスは、消臭作用もある実用的なインテリア。

―それはすごいですね。楽しみです!

作品に和ものが少ないということもあって、かるた作りは今年の目標なんです。

―ほかに今後、作ってみたいものはありますか?

やはり紙のものでしょうか。ほかの作家さんとコラボレートしてみたいですね。写真と言葉、イラストと写真というふうに、違うものを組み合わせてひとつの作品にならないかと考えています。カードだけでなく、便箋、封筒なども作ってみたいですね。大量に作るものにも興味があると言いましたが、本来は手が動いているのが好きなんですよ(笑)。量は少しずつしかできませんが、これからも手作りにはこだわっていきたいですね。


(取材/根本聡子【Sawa-Sawa】)


【お知らせ】
Round*R の Webショップがオープン!

正久りかさんの作品を紹介するWEBショップがオープンしました。アートフラワーやルシードフラワーを用いたアクセサリーや、おし花雑貨などを取り扱い中。
http://roundr.ocnk.net/


ルシードフラワー・アクセサリーのワークショップを開催

正久さんによる、ルシードフラワー・アクセサリーのワークショップを開催します。正久さんのアトリエにて、少人数でじっくり教えていただけるチャンス。お問い合わせはRound*Rホームページよりメールで受け付けています。

日程:2010年4月2日(金)
時間:17:00~/19:00~
http://www.round-r.com/


正久りかさんから提供いただいたハンドメイドレシピ


<< 1 2

根本聡子 , ルシードフラワー , アクセサリー , アートフラワー ,  , 正久りか ,  ,

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.