ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ドイツのエコバッグ「テューテ」に夢中!―コレクター&作家 松中知子さん

2007年12月02日04時01分
特にドイツ製のエコバッグ(テューテ)にこだわり、コレクションするだけでなく、自作エコバッグも手がける松中さん。その活動は注目を集め、昨年末出版された『エコバッグ・ブック』でも紹介され、イベントやショップからのオーダーも多い。
エコバッグに対する思いと、作る楽しみについて話を聞いた。

松中知子

1996年6月からドイツで6年間生活。はじめて買い物に行ったスーパーで、テューテ(エコバッグ)と出会い、以来コレクションを始める。帰国後、ドイツで一緒に働いていた友人とともに、『Gefallener Engel』を立ち上げ、ブログにて、ドイツのテューテの紹介と自作のBAG作製、販売している。
ブログ:Gefallener Engel テューテほりっく

魅力は、丈夫で安くてデザイン豊富なこと


集めているドイツのテューテ
―なぜ、エコバッグに惹かれるのですか?

まず、丈夫で実用的ですよね。あと、各社、各店舗がオリジナルで作製するので、ステキなデザインものが数限りなくある点にも惹かれます。

―中でもドイツのものに魅了されるわけは?

ドイツで6年間、暮らしていたのが1番ではないかと……(笑)。ドイツで暮らし始めた1996年、初めてスーパーでエコバッグ(テューテ)に出会った時から、どこへ行ってもテューテを買うようになってました(笑)。ドイツでは、エコバッグは特別なものでなく、ごくごく日常的なあたり前にあるものですね。


―ドイツデザインそのものには前から興味があった?

いいえ(笑)。ドイツに行くまでは、「バウハウス」に惹かれてたくらいで、他のことはあまり知りませんでした。たぶん、「ドイツはどんなイメージ?」と聞かれたら、 「ジャガイモ!!ソーセージ!!ビール!!」と答えていたはず(笑)。そのくらいあまり興味をもっていませんでした。

―エコバッグのコレクションが、作ることへと変わっていったきっかけは?

ドイツから帰国し、集めたテューテを紹介し、さらに新しくドイツから仕入をして販売する機会がないか模索していた私に、知り合いになった陶芸教室の先生が、『それなら、自分で作ってイベントに参加してみない?』と声をかけてくださったのが、きっかけとなりました。


松中さんのアトリエに並ぶテューテ



1 2 >>

エコバッグ , テューテ , ドイツ製 , 松中知子 , GefallenerEngel , 作り方 , レシピ , エコバッグ・ブック ,

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.