印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

り*めいく しました!・ラルフローレンのセーター 

このハンドメイドについて

着ることができなくなった子供の90サイズのラルフのセーター。 柄がとっても可愛いのでミニバックにリメイクしました。 裏布は、パパが着なくなったシャツの生地を使用しています。 Ribbon Candy***子供服の型紙販売*** http://ribboncandy.shop-pro.jp/

材料

  • セーター(厚みのあるセーターは避けてください。)
    1枚
  • シャツ(普通の生地でもOK)
    1枚
  • ニット用の接着芯地(薄手)
    30cm
  • ミシン糸(60番)
    1本
  • ミシン糸(13番)
    1本

道具

作り方

1

縫代付の型紙を作ります。 セーターの大きさから型紙がとれる寸法をはかります。 このセーター場合はタテ21cmxヨコ24になりました。 (縫代込み)

2

縫代は全て1cmにです。 よって、仕上り寸法はタテ19xヨコ22となります。 タテ地線(地の目線)は必ずかいてください。 オレンジの太線はノッチです。

3

持ち手の型紙です。 縫代は全て1cmつけてください。 タテ地線(地の目線)は必ずかいてください。 オレンジの太線はノッチです。

4

セーターを分解します。 ブランドネームや釦もはずしておきます。 (バックにはブランドネームをつけます。釦は何かの機会に使用してください。)

5

裁断をします。 ななめにならない様、型紙のタテ地線をセーターの編み目にあわせてください。

6

裁断をしました。 ポケットはシャツのポケットを利用しています。 裁断についてはhttp://yaplog.jp/ribboncandy/category_4/ 

7

セーターの生地のみ芯地を貼ります。 これは、縫製の際伸びないようにするためです。 芯地についてはhttp://yaplog.jp/ribboncandy/category_4/

8

ブランドネームをポケットに縫い付けます。 その後、ポケットを裏布(表)に縫い付けます。

9

バック表布を中表に合わせて三方を縫い合わせます。 裏布も中表に合わせて、返し口(約7cm)以外を縫い合わせる。 持ち手は、中表にして片側のみ縫い合わせます。

10

持ち手を作っていきます。 縫い目をアイロンで割ってから表に返し、再度表からアイロンで形を整えます。 表布側から裏布が見えないよう、1mm程度控えます。

11

10で折った部分を再度広げます。 裏布の縫代を1cmアイロンで折ります。

12

11の折り目はそのままにして、10の状態に戻します。 上から表布の縫代をかぶせます。

13

12の作業をすることで、裏布を1mm控えることができます。

14

持ち手の両端に0.3ステッチをかけます。 先に縫い合わせている方からかけます。

15

表布の上側に持ち手を中表に合わせて仮止めをします。

16

15の状態のまま裏布を中表に合わせる。

17

縫い合わせます。 縫い合わせた後、縫代は割アイロンをします。 返し口から表に返します。

18

表布の上側に0.3ステッチをかけます。

19

完成!

20

中はこんな感じです。

21

普通の生地で作る場合も手順は同じです。 裏布は表布より薄手の生地を使用しましょう。 表布は芯地を貼ってしっかりさせてください。

22

ミシンの縫い方のコツやその他ソーイングについてのポイントはこちらをご覧ください。 http://yaplog.jp/ribboncandy/category_4/

このハンドメイド作品を作るときのコツ

芯地、裁断、ノッチ、ミシンについてはhttp://yaplog.jp/ribboncandy/category_4/をご覧ください。 画像つきで詳しく説明しています。 縫製の際、セーターが伸び過ぎないよう注意してください。