印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

布で作る!型紙から作る!!三角コインケース作り方

このハンドメイドについて

三角のコインケースを作りました。 革で作る方が多いと思いますが布で作りました。 使用する生地が少なめで出来ますので、端切れの活用にもおすすめです。 端切れの大きさに合わせて、型紙を大きくしたり小さくしたりして作ってみて下さいね。

材料

  • 生地【表地・裏地】
    型紙に合わせた大きさ
  • 接着芯【普通タイプ・しっかりタイプ】
    生地に合わせた大きさ
  • ボタン
    2組

道具

  • ミシン
  • 裁縫道具
  • アイロン・アイロン台
  • ボタン打具(ボタン付けに使用)
  • 金づち(ボタン付けに使用)

作り方

1

型紙を作ります。 三角形の1辺が8cmです。すき間の大きさは1~2mm取ります。 生地が厚い場合は広めに取ります。 (今回は1.5mmで作りました。細かい数字なのでもっとキリのいい数字が良いかと思います。)

2

この様な感じの形に仕上がります。

3

型紙を対称にして、表地・裏地1枚ずつ書き写します。 縫い代をぐるっと1cmとり、裁断します。 表地には【しっかりタイプ】の接着芯を、裏地には【ふつうタイプ】の接着芯を貼っています。

4

生地を中表に重ねます。

5

返し口を残して、ミシンをかけます。

6

カーブに切り込みを入れて、角はこの様にカットします。

7

アイロンで縫い代を折ります。

8

返し口から・・・

9

ひっくり返します。

10

角をしっかり出します。

11

アイロンで押さえます。

12

1周ぐるっとステッチをかけます。

13

折り目を付けていきます。

14

三角に折りますよ。

15

14の画像で下側に見えていた生地を、裏側に折りました。 全体を確認しながら、キレイな三角になるように形を整えます。

16

広げます。ちょっと薄いですが、折り目が付きました。

17

ボタンを付けていきます。 どこにボタンを付けるのか、分かりやすいように順に折って説明します。

18

ここです!

19

チャコペンで印を付けるか、針を刺して目印にするなどしてボタンを付けます。

20

反対側にもう一組ボタンを付けます。

21

付けました。

22

完成です!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ボタンの位置は生地の厚みで変わりますので、実際に生地を折り曲げてから、位置を決めて下さい。