印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

文庫本カバー(リバーシブル)

このハンドメイドについて

畳んで、2箇所直線縫いで出来る ブックカバーです。 サイズ固定のブックカバーで返し口が本のヘリやソデ元にくるタイプを作った末に、フリーサイズのカバーを作りました。リバーシブル ブログでも公開(2016.10.29):http://tokoris-taste.blog.so-net.ne.jp/2016-10-bookjacket-3 ブログは写真付きで、説明しております。 2016.10.29 ----- カテゴリー変更しました。2017.09.27

材料

  • 17.5cm×67cm 1枚
  • リボン/レース
    18cm 1本
  • ミシン糸
    適量

道具

  • ミシン
  • アイロン

作り方

1

布柄の切替で2枚以上の布使用の仕様の下準備。 縫い代1cmで縫繋ぎ、17.5cm幅長さ67cmの布1枚状態にする。 材料画像は表裏切替で2枚使用時の材料。

2

布表になるように横長に置き、両端1cmの縫い代を裏側に折り込み(山折り)、アイロンをかけます。

3

左端を右に倒し、両端を合わせます。両端をg-hとします。 輪になった部分にアイロンをかけます。その線をe-fとします。 写真は、出来上がりの展開状態での記号場所確認用。

4

線e-fを右に3.5cm(上布だけ)ずらし、奥行3.5cmの中割り折り(単純な図でいうと「Σ」な形を作る要領)で畳んでアイロンをかけます。

5

線がA-Bから20cmの位置にリボンを挟みます。

6

上辺、下辺1cmの縫い代でミシンがけをします。 が、g−hから4cmの位置から2cm内側に向かってミシンがけをします。

7

三角部分の縫い代を切り落とします。 布の両端だった口から返します。

8

(綴じなくても大々的に開くことはありませんが、) 気になる方はコの字綴じをして、出来上がり♪

9

3枚をつないで作ったブックカバー。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

畳みながらアイロンでしっかり抑えれば、楽チンです。 挟むリボンはレースでもテープでも共布でも可愛いと思います。ただ、裏表があるものは(リバーシブルでの対応時裏側が表になるので)注意です。