印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

ポケットティッシュケースの作り方

難易度:★★☆☆☆

このハンドメイドについて

いまや豊富な種類があるポケットティッシュケース。 スタンダードなものが一番使いやすい!ってことで、作りました。 袋縫いという縫い方で、1枚の布でも縫い代がキレイになるように作ってます。 手縫いでも大丈夫ですが、袋縫いがめんどくさいかも…?

材料

  • 22 × 16 (cm)

道具

  • アイロン
  • 目打ち

作り方

1

布を裁断したあと、16cmの辺を1cm幅の三つ折りにします。 アイロンで跡をつけると楽チンです。

2

三つ折りしたところを内側2〜3ミリくらいで縫います。 はじめとおわりは返し縫いです。

3

表面で三つ折りの部分を重ねて、待ち針でとめます。 三つ折り部分が真ん中にくるように。

4

端のほうを、写真のようにミシンの金具に合わせて(5〜7ミリ)縫い進めます。 ここで縫い代1cmで縫わないように気をつけてください!

5

縫い終わるとこんなカンジです。

6

裏返します。 目打ちで角もしっかり出します。 アイロンがけして落ち着かせるとこのあとのミシンがやりやすいです。

7

裏返しのまま、縫い代1cmで端を縫います。 もちろん返し縫いします。

8

縫い終わるとこんなカンジです。

9

表に返してアイロンがけして、完成です☆ 内側の縫い代はこんなカンジになります。 内布やロックミシンをしなくても縫い代の始末がキレイにできます。 これが袋縫いです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

アイロンと目打ち、めんどくさくてもやってあげるとキレイな仕上がりになります♪