印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

フェルトで作るオモチャ★フルーツセット②★

このハンドメイドについて

こどものおままごと用に果物を作ってみました。 フェルトのオモチャ第5弾です。 作品画像のうち、りんご・キウイ・バナナの作り方です。 カラフルなフルーツは、どうやって作ろうか考えるだけで楽しくなります。

材料

  • フェルト
    適量
  • 手芸綿
    適量
  • 刺繍糸
    適量
  • 牛乳パック
    少し

道具

作り方

1

<キウイ> 中央の白い部分はマジックテープを使っています。 (マジックテープを使うと遊びの幅が広がるけど、あちこち引っかかるのでフェルトの傷みが早くなります。)

2

黄緑のフェルトで3cm×4cmの楕円形を2枚。 牛乳パック等の厚紙で芯を一回り小さめに作ります。 芯は2.5cm×3.5cmの楕円形で作りました。

3

中身の部分の刺繍をします。 中心から放射状に白の線を入れ、中心部の白い小さな楕円形をつけます。(作品はマジックテープですが、白色フェルトでも) 最後に茶色でタネを。

4

皮の部分を縫い付けます。 皮は3cm×11.5cmの長方形。 画像はブランケットステッチで縫い付けています。

5

巻き終わりは、少し重なっていますが、そのままかがり縫いで筒状に。

6

①ここまできたら、一度玉結びをして糸を切ります。 ②芯を入れて③端をぐし縫い。糸の端を一度結びます。 ④綿を詰めながら糸の両端を引っ張り、絞ってもう一度結びます。

7

まだ絞りが甘いので、ここで糸の結び目近くを押さえながら、片方の糸だけをゆっくり引っ張ります。 しっかり締まったら緩んでこないよう、もう一度結んでおきます。

8

後は画像のように放射状に針を入れ、綿が見えないように縫い締めていきます。

9

キウイの完成です。

10

<バナナ> 皮(外側)、皮(内側)、実の型を裁断します。 実際には皮(内側)は上半分の見える部分だけでも可能です。

11

皮(内側)に実をしっかりと縫い付けます。 画像はかがり縫い。

12

手順11.のパーツ①と③を合わせ、実の部分(白の部分)の内側だけを縫います。 作品はかがり縫い。 縫い合わせる部分は、手順11.の画像に水色の線を引きました。

13

パーツ①、③の外側部分(残りの部分)にパーツ②を縫い付けます。 (パーツ番号は手順11.の皮パーツと同じです)

14

3つのパーツを縫い合わせるとこんな感じ。

15

白い部分に綿を入れます。 少し多めに入れると、プクッと可愛くなりますが、大きくなるので完成後に皮は密着しません。 お好みで調節してください。

16

皮(外側)を重ねます。 まず、カーブのあるパーツ①と③から縫い合わせていきます。 縫い方は、次の説明を見ると複雑そうですが、実際やってみると単純です。

17

①③パーツの下部分からスタート。バナナの下部分は4枚一緒に縫い合わせ、めくれている皮の部分は外皮と内皮の2枚を縫い、途中で綿を詰めます。 作品はブランケットステッチで。

18

まっすぐな皮パーツ②の先端には、軸を挟みます。 (なくてもOK)

19

皮むきバナナの完成です。 黄色フェルトで型に軸をつけて1セットとり、縫い合わせると普通のバナナになると思います。

20

<りんご> 生地を裁断します。 りんご本体は、6枚で1個分なので、3枚で半分。 今回は1切れうさぎりんごにした、ということで、5枚で作りました。

21

牛乳パック等の厚紙で芯を作ります。 半分に切った状態のりんごを作るとき以外は、縦半分に折っておきます。

22

りんごの実にタネをつけます。 茶色のフェルトをタネ型に切って縫い付けました。 刺繍でもボンドでも可。 うさぎりんご・カットりんご共通です。

23

うさぎりんごの皮(内側)の先端を少しカットして、本体に縫い付けます。 カットするのは、先端の細かい部分に生地が集中するのを防ぐためです。

24

りんごの実、(22)のパーツ、うさぎりんごの外皮の3つを重ね、合わせて縫っていきます。 途中まで4枚全部一緒に。途中から皮2枚だけに。 作品はブランケットステッチです。

25

①次は糸の色を替え、本体を縫います。途中まで縫ったら、②牛乳パックで作った芯を二つに折って入れ、③綿を詰めて、④続けて縫ったら、うさぎりんごの完成。

26

大きい方のりんごを作ります。 皮をしっかりと縫い合わせていきます。 画像はかがり縫いです。 3枚使ったら半分のりんご。

27

5枚で一切れかけたりんご。 このまま綿を詰めて作ってもいいですが、裏返すと…

28

こんな感じのちょっと柔らかい雰囲気になります。 みかんの中身っぽい…と想像が膨らみます。 作品はこの状態で作っています。

29

皮に実を縫い付けていきます。 ここはうさぎりんごと同じでブランケットステッチ。

30

途中で綿を詰め、実側に牛乳パックで作った芯を入れて縫い合わせます。

31

りんごに軸をつけたら、りんごとうさぎりんごの完成です。 皮パーツ6枚を使うと球状に仕上がります。中心部の下→上→下に針を通し、中央を少し凹ませるといいと思います。

32

さくらんぼ・ぶどう・いちごの作り方はコチラです。 http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/29076.html

このハンドメイド作品を作るときのコツ

バナナ・うさぎりんごは外側のパーツを少~し大きめにカットすると自然に、同じサイズにすると外側に巻き気味に仕上がります。 作品画像のうさぎりんごは同じ大きさで作ったので、押さえても耳が上に巻いてしまいます。 りんごやキウイの紙芯はなくても作れますが、その場合りんごは実の部分を半分に切った状態か、折れ目をつけた状態で縫ってから作るといいと思います。