印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

フェルトで作るオモチャ★こどものお裁縫レッスン★

このハンドメイドについて

工作大好き、お裁縫に興味を持ち出した子供のために作ってみました。 フェルトのオモチャ第4弾です。 針はまだ危ないので、プラスチックの編み物用とじ針を使います。 5歳の子供が喜んで遊んでいます。こどもの刺繍ステッチの練習にも。

材料

  • フェルト
    適量
  • 編み物用とじ針(プラスチック製)
    1本
  • 毛糸・刺繍糸など太目のヒモ
    適量

道具

  • レザーポンチ

作り方

1

編み物用とじ針。 100均で購入しました。レベルに合わせて使い分けれると思います。 5歳児で一番左の極太~超極太糸用を使用しています。

2

フェルトに穴を開けるのにコレ(レザーポンチ)を使いました。 木槌などで打ってベルト等に穴を開ける道具です。100均で購入したものです。

3

フェルトの穴を開ける位置に印をつけます。 今回は1cm間隔で。

4

あとはポンチを使って穴を開けます。 4mmサイズの穴を使いました。 ピンクのハートは重ねて一緒に開けてます。

5

ハートはアップリケのつもりです。無くしたり裏表を間違えるのを避けるため、中心部を軽く縫い付けました。

6

文具の穴あけパンチで代用できるかは未確認です。以前、フェルトには穴は開けれなかった気がします。フェルトの上下を紙で挟んで開けると、もしかしたら出来るかも。

7

糸はアクリル毛糸の並太を使いました。 先を結んで短く切っておくと針穴に通しやすく、繰り返し遊んでも毛糸がほつれてきません。 玉結びは大きめに。

8

アウトラインステッチ、バックステッチも出来そう。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

5歳くらいでもコレを使って教えると、波縫い・ブランケットステッチ・チェーンステッチ等が簡単にできます。 自分で針に毛糸を通し、縫って、ほどいて・・・繰り返し遊んでいました。 もう少し慣れると針を細いタイプにして、切り込みを入れたり目打ちやリッパーで穴を少し開ける程度でもよい気がします。 さらに上達したら、バッグなどの作品キットを作ってあげてもいいかも、と思っています。