ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

パッチワークボード

お気に入りに保存 26人

投稿者: furuyuri

パッチワークボードの作り方

このハンドメイド作品について

誘われてパッチワークを習い始めたんですが、道具をそろえるだけで大変!
ほとんど手持ちの物で代用できていますが、パッチワークボードだけは
代用品というわけにもいかず、先生のお持ちのものをじっくり観察して
自分なりにアレンジして作ってみました!

材料

  • 厚さ5㎜、A4より一回り大きいベニヤ板
    2枚
  • 脱脂綿(A4より一回り大きいもの)
    6枚
  • 綿のはぎれ(A4より一回り大きいもの)
    2枚
  • カッティングボード
    1枚
  • サンドペーパー(A4サイズ)
    1枚
  • スエード(A4サイズ)
    1枚
  • 丁番(約4cm)
    2つ

道具

  • ドライバー、木工用ボンド

作り方

  • 1
    ①ベニヤ板全体にボンドを塗ります。
  • 2
    ②脱脂綿を貼ります。1枚貼ったらまたボンドを全体に塗り、もう1枚、2枚とお好みの厚さまで貼ってください。
  • 3
    ②-2
    裏返した様子。
  • 4
    ③裏返して、はみ出ている脱脂綿を裁ちばさみで切り落とします。
  • 5
    ③-2
    同じものを2枚作ります。
  • 6
    ④お好みの柄の綿のはぎれの表を下にして敷きます。その上に脱脂綿を貼った面を下にしてベニヤ板を乗せます。
  • 7
    ⑤ベニヤ板からはみ出たはぎれを、板を包むようにしてボンドで貼ります。脱脂綿を貼った面はアイロン台になるので、ピンと引っ張りながらボンドで貼り付けてください。
  • 8
    ⑥ ⑤が2枚できたら、片方にサンドペーパーを、片方にカッティングボードを、ハギレの裁ちきりの部分を隠すようにボンドで貼り付けます。
  • 9
    ⑦サンドペーパーでカッティングボードや定規に傷がつかないように、上辺だけボンドをつけてスエードをかぶせます。
  • 10
    ⑧最後に丁番で2ヶ所をとめます。ベニヤ板の厚さよりも丁番のネジのほうが長いと、突き出てしまうのでホームセンターでネジの長さを切断してもらうのもいいでしょう。
  • 11
    ⑨出来あがり図。広げきると外側は広いアイロン台として使えます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

全ての工程は誰でもできる簡単な作業ですが、最後の丁番の取り付けは結構難しいです。ネジの長さを調えるために切断してしまうと、先の尖りがなくなるのでネジをベニヤ板にねじ込む前に、キリなどで穴を開けとくといいと思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

「パッチワーク」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:2

  • かずこさん
  • ちょう番が、なかなかうまくいかず… でも何とか完成!
  • 2011/1/16 00:05
  • jenifarnanaさん
  • ずっと作りたくて、材料を揃えていたのですがやっと
    作る事が出来ました。すごく簡単で驚きました。
    脱脂綿の代わりにキルト綿を使ってみましたが、
    アイロン面も平になっていて、適度なふくらみもあり
    とても満足しています。
    作り方教えていただいて、とても参考になりました。
  • 2010/7/30 23:15


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.