ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

牛革ボタンのヘアゴム

お気に入りに保存 102人

投稿者: saji

牛革ボタンのヘアゴムの作り方

このハンドメイド作品について

34mmの牛革ボタンと、ヴィンテージビーズを使ったヘアゴムです。
ここでは手作りしたボタンを使用していますが、市販されているボタンを使って作ることができます。

材料

  • 34mm牛革ボタン
    1個
  • ゴム
    20cm
  • ビーズ
    数種類
  • Tピン・飾りTピン
    ビーズの数と同量

道具

  • ニッパー
  • 丸めるペンチ
  • ハサミ
  • 蜜ロウ
  • 瞬間接着剤

作り方

  • 1
    ビーズにTピンを通し、90度に曲げてから丸めるペンチで端から巻いていきます。
  • 2
    ピンが長い場合は、ニッパーで端を切ってから巻いていきます。
  • 3
    ボタンの上に乗せる全てのビーズを同様に巻いていきます。
  • 4
    ゴムの先端に蜜ロウを付け、ビーズを通しやすくしてからゴムにビーズを通します。

    蜜ロウがない場合は、瞬間接着材でゴムの先端を固めると通しやすくなります。
  • 5
    ボタンの裏側から、2本のゴムの先端をそれぞれ穴に通します。
  • 6
    片方のゴムの先端を、裏から通した穴と反対の穴に戻します。
  • 7
    もう片方のゴムに、Tピンで巻いたビーズを通します。
  • 8
    ビーズを通したゴムの先端を、反対側の穴に通します。
  • 9
    ゴムの先端を固結びします。

    輪っかの目安は、腕にはめてちょうどいいくらいだと使いやすくなります。
  • 10
    ゴムに通したビーズを引っ張り、ゴムの結び目をボタンの真裏に持っていきます。
  • 11
    ゴムの結び目に瞬間接着剤を垂らし、結び目を固定します。
  • 12
    ゴムの先端をハサミでカットします。
  • 13
    ビーズの並びを整えたら完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ボタンの大きさに合ったビーズを選ぶのがポイントです。
Tピンを使うことで、ゴムに通らない小さな穴のビーズを使うことができます。
今回は1本のゴムに全てのビーズを通しましたが、2本のゴムにそれぞれビーズを通すと、できあがりのビーズの配置が変わるので、アレンジして楽しむこともできます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

sajiさんの人気作品

「ボタン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.