ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

赤い水玉のランドセルカバー

お気に入りに保存 180人

投稿者: a-pois

赤い水玉のランドセルカバーの作り方

このハンドメイド作品について

大切なランドセルがキズつきませんようにって作りました。「交通安全」の黄色いカバーを卒業したら、つけてあげたいです。

材料

  • ラミネート加工の布
    60cmくらい
  • 飾り
    適量
  • バイアステープ
    2巻くらい
  • マジックテープ
    適量

作り方

  • 1
    配布された黄色いランドセルカバーから型紙をとります。

    交通安全のカバーがすぐに裂けてしまったときは、大きめのランドセルなので、少し縦の長さを調整してください。
  • 2
    こんな感じで、表と裏の型紙が、4つできます。
    ランドセルの肩紐を通す穴以外は、縫い代は、1cmつけます。
    裏の型紙の真ん中のパーツは、あとで広めにとります。
  • 3
    布を裁断。
    真ん中を、かなりひろめに広げました。
    こうすることで、カバーをかけたときに、ずれにくくしています。
    時間割りをはさむところを見る方は、くり貫く作業が必要です。
  • 4
    飾りを検討します。
    つける位置を確認します。
  • 5
    裏側のバーツで、ランドセルカバーの周辺になる部分以外の布の端をバイアステープで処理します。
  • 6
    マジックテープをこのように切ります。
    かぶせてつけるほうを長めに、受け止めるほうを短めに
    (だいたい半分くらいの長さ)にします。
  • 7
    裏側にマジックテープをつけます。
    狭いパーツの方に、長いマジックテープ。(つける側)
    広いパーツの方に、短いマジックテープ。(受ける側)
    を布の真ん中につけます。
  • 8
    飾りをつけます。
  • 9
    周囲0.5cmのところで縫い合わせます。
    ※中表などには、しません。
  • 10
    周囲をバイアステープで、1周くるみます。
  • 11
    出来上がりです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

黄色いランドセルカバーがない方は、ランドセルを図って作ってもできます。
ラミネート加工の布は、専用のスプレーか、汗スプレーを、かけて縫うと縫えます。
布が重なって、厚みがあって、縫いにくいところなどは、ゆっくりと手でミシンのハンドルを回して進んだりしてみてください。無理すると針が折れます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

a-poisさんの人気作品

「ランドセルカバー」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:1

  • hirokovichiさん
  • 今1年生の娘に2年生になったら使わせようと思い作りました。
    ピンクのどっとと赤のギンガムのビニコを使用。とてもかわいく出来たと思います。娘も喜んでくれました。
  • 2012/12/29 10:44


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.