ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ネクタイリメイク・ブックカバー

お気に入りに保存 60人

投稿者: magic15th

ネクタイリメイク・ブックカバーの作り方

このハンドメイド作品について

祖父からたくさんの想い出深いネクタイを譲ってもらいました。
リメイクしてプレゼントしたくて、男性でも使える小物を……と、考えた結果、ブックカバーになりました。
ネクタイについているタグを生かすのが、なかなか楽しいです。
(「ちょっとエコ。」の倶楽部でアイディアを頂きました!)

材料

  • ネクタイ(大剣)
    1 本
  • 裏地(綿など)
    20 cm × 30 cm 程度
  • 裏布2
    20 cm × 5 cm 程度
  • 針と糸
    適宜

作り方

  • 1
    ネクタイを解きます。芯や裏地も綺麗にとります。
    素敵なタグがついている場合は、無くさないようにとっておきます。
    使うのは大剣なので、小剣と大剣のつなぎ目も解きます。
  • 2
    ネクタイの幅が少し足りないようなら、横(幅)方向にアイロンをかけます。
    柄は少し歪みますが、バイアス生地なので伸ばしたい方向に少し引っ張りながらアイロンをかけます。
  • 3
    大剣の縁を 5 mm 程折ってアイロンをかけておきます。
    剣先は 2 cm 程内側に折り込みます。
    (写真の下の緑の布は無視してください)
  • 4
    裏布2の縁を 5 mm から 1 cm 程内側に折り、剣先に重ねます。
    (写真はわかりやすいようずらしてあります)
    剣先と裏布2に綺麗に縫いとめます(ネクタイ表に響かないように)
  • 5
    3 で作った部分が、表紙裏に折り込まれる部分です。
    剣先は細くなっているので、布を足します。裏布といいつつ表に響くので、ネクタイと相性のいい布を選んで下さい。
    (写真 9 参照)
  • 6
    裏布と 3 で作った表布を中表に合わせます。
    このとき、裏布より大剣が長ければ切り落とします。
  • 7
    大剣の残り(または小剣)を 2 cm 程の帯状にして、裏表紙側から 6-7 cm のところに挟みます。
    あとで裏表紙側の押さえになります。
    タグがある場合は、好みの場所に挟みます。
  • 8
    返し口を残して、ぐるりとミシンをかけます。
    目安は、高さが文庫本の縦幅 + 2 cm。押さえより裏表紙側は高さを 1 cm ほど低めに縫います。

  • 9
    表に返して、返し口を閉じます。
    大剣裏に、小剣を通すためのタグがあったなら、好みの場所に縫い付けます。
    (写真は表紙側の折り返しに置いてみました。トップ写真は表紙に付けてます)
  • 10
    表紙側の折り返し(写真上部)を 5-6 cm 程縫い閉じます。
    これで完成です。
  • 11
    裏表紙側にタグを付けたところ。
    押さえがあるので、本の厚みが変わっても対応できます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ネクタイはバイアス生地なので、伸び縮みして扱い辛いです。しつけをするか、細かくマチ針を打ちましょう。
裏地もネクタイを使うならば、薄手の接着芯を使うのをおススメします。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

magic15thさんの人気作品

「ネクタイ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.