ログイン(エキサイトID)新規登録

浴衣バッグ第三弾・手提げ

お気に入りに保存 57人

投稿者: magic15th

浴衣バッグ第三弾・手提げの作り方

難易度:★★☆☆☆

このハンドメイド作品について

浴衣端切れのうまい消費法はないものか、と思っていた時に、手芸店でバックの持ち手を安く買えたので作成しました。
柄次第では、浴衣だけでなくジーンズや普段の洋服にも。お財布と携帯だけ入れてちょっとお出掛けに。
(途中まで写真サイズがエラく大きいです。ごめんなさい)

材料

  • 布A
    60 cm × 40 cm 程度
  • 布B(マチ部分)
    10 cm × 15 cm 程度 2 枚
  • 輪状の持ち手(直径約 20 cm)
    2 つ
  • 針と糸
    適宜

作り方

  • 1
    布A を中表に折り(20 × 60)、重なった辺に端ミシンをかけて筒状にします。
    表に返し、縫い目が目立たないところ(最終的にバックの内側)にくるよう開き、アイロンをかけます。
  • 2
    写真では、センターに縫い目がくるようにして開いてあります。
    左右のあいている部分を 5 mm 程折り、端ミシンをかけます。(縫い目のある側に折る)
    (写真大きいので注意)
  • 3
    布B を中表に半分に折り(5 × 15)、二辺に端ミシンをかけて表に返します。
    返し口は 5 mm 程中に折り込んでまつっておきます。
    これを二つ作ります。
    (写真大きいので注意)
  • 4
    布A の長い方の辺のセンターに布B を合わせてマチ針で留めます(写真参照:写真サイズ大きいので注意)
  • 5
    布Bと布Aをくけ縫い、またはまつり縫いで縫い合わせていきます。
    布は全て二重になっているので、内側を拾って外に縫い目を響かせないのがコツです。(写真大きいので注意)
  • 6
    全て縫い合わせて、外表に返した写真です。布Bよりも布Aの方が高さがあります。ここに持ち手を付けるので、左右の高さが多少違っても大丈夫です。
  • 7
    わっか状の持ち手を鞄の内側に置き、布Aを内側に折り返してわっかをくるむようにくけて(または、まつって)いきます。
    1-2 cm 返し縫いをすると強度に安心感がでます。
  • 8
    とってを付ける時は、縫い目が多少表に出ても、ひだが寄ってしまうので気にしなくて大丈夫です。
    マチ針などで押さえず、端から地味にくるみつつ縫います。細かく縫うのがポイント。
  • 9
    両方とってを付ければ完成です。
    私は普段、写真のようなものを入れて使っています。
    中身の重さにも案外耐えられるものです。
  • 10
    こちらも浴衣端切れで作った赤バージョン。
    浴衣生地ですが、こちらは初詣やクリスマスなど、冬に主に活躍しています。
    とっては木を使用。木の方が三倍くらい高いです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

くけ縫いが綺麗に仕上るのでオススメです。裏から縫う時も、時々表を確認すると失敗が少ないですよ。
サイズは目安です。好みに合わせていじってみて下さい。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

magic15thさんの人気作品

  • ネクタイリメイク・ブックカバー 1
  • 浴衣バッグ第三弾・手提げ 2
  • 包装紙リメイク:封筒 3
  • サイズフリーのペンケース 4
  • 浴衣バック第二段・カゴバック 5

関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



ピックアップ

最新情報を
SNSでも配信中♪

twitter

ピックアップ

マリンなハンドメイドレシピ投稿コンテスト
手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.