ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

もう着ないニット→毛糸へ

お気に入りに保存 102人

投稿者: オバネヤ

もう着ないニット→毛糸への作り方

このハンドメイド作品について

リメイク以前。材料作りの工程です。
ちゃんとどこかから習った方にはなんの目新しさもないとは思いますが、それなりに掴んだコツがあるので載せます。
「アクリルたわしでも編んでみたいなー」と思っている方、糸を買いに行く前に押入れでも覗いてみましょう。案外色々材料が出てくるかもしれません。

材料

  • もう着ないニット
    ある分だけ
  • そのニットとは違う色の毛糸やひも
    適宜

道具

  • リッパー (右側の十手のようなもの)

作り方

  • 1
    ます脇や袖付けなどをほどく所から始めますが。縫い目を見て編み糸より細い糸を探します。
    それが縫い糸ですのでリッパーで切ってほどいていきます。
  • 2
    切っては糸端を探してひっぱるをくりかえします。

  • 3
    解体完了です。
  • 4
    ほどいたパーツの右端か左端を探って糸が出します。椅子や小テーブルをひっくり返して枷の代わりにして巻いていきます。
    最初の一巻きは軽く結んで、どんどんほどいて巻いていきます。
  • 5
    解き終わりです。終わりの糸端にぜひとも違う色の糸か紐を結びつけてさらにその糸で毛糸束も束ねます。
    あと一カ所も別糸で結んで椅子の脚からはずします。
    このまま収納します。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

編むときにまたかせにかけて毛糸玉にした方がほかの糸と絡まらなくていいです。
糸の癖をとりたいとは玉にする前に湯気に当ててのばします。
糸が細すぎるときは何本かあわせて毛糸玉にしますが、あんまりハイゲージなニットの解体はすごい根性が必要ですのでさけたほうが無難です。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

オバネヤさんの人気作品

「リメイク 」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.