ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

アンティーク着物のまん丸巾着

お気に入りに保存 257人

投稿者: kanokoaya

アンティーク着物のまん丸巾着の作り方

このハンドメイド作品について

アンティーク着物のはぎれで作った巾着です。仕上がりの真ん丸い形と小さいポンポンのテープがキュート!バッグの中のサブポーチとして重宝します。

材料

  • 着物のはぎれ
    18cm×13.5cm
  • 裏地(お好みの生地)
    18cm×13.5cm
  • ネル
    18cm×13.5cm
  • 紐通し部分着物はぎれ
    4cm×18cm×2本
  • サテンリボン
    40cm×2本
  • ポンポンつきテープ
    36cm

道具

  • ミシン
  • はさみ

作り方

  • 1
    絵のとおりに型紙を作ります。
  • 2
    ネルと裏地は型紙どおりに。
    着物のはぎれは、型紙が入るくらいの大きさにだいたいカットしておきます。
  • 3
    ネルの外周3mmくらいにボンドをつけて、表地に貼り込み、ネルの大きさのとおりに表地をカットします。
    これを2枚用意します。
  • 4
    2枚のうちの1枚に、ポンポンのテープを縫い付けます。テープは口前から1cm下がったところから始まり、縫い始めはテープの先より1cm下から。布端ぎりぎりで縫い付けます。
  • 5
    もう一枚の表地と中表にあわせ、7mm程度内側をミシンで縫います。テープの先は外側に引張りだした状態で上から縫います。
  • 6
    裏地も中表で縫い合わせます。そこの真ん中3cmくらいは、最後に裏返すときの口になるので、縫わずに開けておきます。
  • 7
    紐を通す部分の生地を用意します。左右の端を5mm程度折って、ミシンを掛けておきます。
  • 8
    表に返した裏地を表地の袋の中に落としこみ、7の生地を間に挟んで、口前一周を5mmの巾でミシンをかけます。
  • 9
    裏地の底に開けておいた口から裏返したら、口を縫いふさぎ、紐を通してできあがり!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ネル生地をベースにすることで、薄い着物地を使っても、ふっくらしっかりした袋になります。紐を通す部分の生地と、表地、裏地を合わせるところが難しいかもしれませんが、まち針で丁寧に止めれば、縫うのは難しくありません。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

kanokoayaさんの人気作品

「バッグ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.