ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

刺し子のトートbag

お気に入りに保存 103人

投稿者: Aterier+S

刺し子のトートbagの作り方

このハンドメイド作品について

コラージュと刺し子がアクセントの、大きなマチつきのトートbag。
表と裏、それぞれ違うデザインで楽しめます。

材料

  • 本体(リネン)
    43×69cm
  • 裏布(リネン)
    43×69cm
  • 持ち手(リネン)
    10cm×35cm×2枚
  • コラージュ用の生地(リネン)
    適当な大きさ
  • 刺し子糸
    白・緑・黒それぞれ適量

作り方

  • 1
    本体表にコラージュ用の生地を、適当な場所(マチ部分を考えて、真ん中のラインより14cm程上に)にミシンで縫いつける。
  • 2
    上部を2cm程空けて、十字のステッチをたっぷり入れる。(ステッチの入れ方は④を参照。)
  • 3
    コラージュした生地にまつり縫いをする。(リネンはほつれやすいので、補強のためにも。)
  • 4
    もう片面にも適当な場所に刺し子をする。十字のステッチを一目一目施す。
  • 5
    刺し子をした図。最初にへらなどで輪郭線を印して、そのラインを目印に刺していく。
  • 6
    持ち手を作る。本体のデザインがシンプルなので、アクセントに、持ち手にも少しステッチを入れる。
  • 7
    持ち手は中表にしてミシンをかける。
  • 8
    持ち手を表に返して、アイロンで形を整えたあと、5mm間隔でミシンステッチを走らせる。
  • 9
    本体を中表に合わせて、端から1cmの所をそれぞれミシンで縫う。
  • 10
    マチを作る。縫い代を片側にたおして、真ん中から左右それぞれ9cmずつ、計18cmの線をへらで印す。
  • 11
    ⑩で印したラインをミシンで縫い、縫い代を1cm程残して、余分な部分は切り取る。
  • 12
    縫い代を片側にたおしてアイロンで整え、袋を表に返す。
  • 13
    本体に持ち手を適当な位置に付ける。縫い代から1cmの位置をミシンで縫って仮留めをしておく。
  • 14
    内袋を本体と同じ要領で作る。片側の端10cm程を縫わずに空けておく。マチを作るので、真ん中より15cm程上の位置を空けておく。
  • 15
    本体と内袋を中表に合わせて、まち針で留め、上から1.5cmのラインを縫う。力がかかる部分なので、二度縫い(一度目の縫い目の2mm程上部をさらに縫う)する。
  • 16
    内袋の空けておいた部分から手を入れ、袋全体をひっくり返して形を整え、持ち手の部分に留めステッチを入れる。
  • 17
    内袋の空いた部分をまつり縫いして閉じると、完成。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

刺し子は少々不揃いでも、ちょっとラインが歪んでしまっても、たくさん刺すとそれも味になるので、自由に気ままに楽しんでください。
今回はリネンを使って素材感を大事にしましたが、内袋を帆布で作ると、しっかりとした感じに仕上がります。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

Aterier+Sさんの人気作品

「リネン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:1

  • satomin0406さん
  • 作成してみました!かわいくって、毎日使用しています♪
  • 2009/7/2 07:44


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.