ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

【重要】セキュリティ強化に伴うTLS1.2への切替を10月2日(火)に実施いたします。

春を呼び込むミモザのベース

お気に入りに保存 6人

投稿者: bonjourhappy

春を呼び込むミモザのベースの作り方

このハンドメイド作品について

お花屋さんでは、まさに今ミモザが旬を迎えています。もうすぐ、おうちのミモザが咲き乱れる頃だという方もいらっしゃるでしょう。
そんなミモザで花器をつくり、やはり春の花であるラナンキュラスをころっと生けたものを飾って、家の中に春を呼び込みましょう!!

材料

  • コップ(ある程度高さのあるもの)
    1こ
  • わごむ
    2本
  • リボン
    適量
  • はさみ
    お花を切るもの、リボンを切るもの

道具

  • ミモザ 3本くらい
  • ラナンキュラス 10本くらい

作り方

  • 1
    器をつくります。
    コップにわごむをはめます。
    だんだん下がってくるので、上のほうにしておきます。
  • 2
    わごむの間にミモザを挟み込んでいきます。コップよりも3センチくらい上に出るような長さにします。
    乾燥するに従って縮んでくるので、これでもかというくらいにいっぱいはさみます。
  • 3
    ミモザは、根元から差し入れてひっぱります。穂先が上に来るときは上から、下に来るときは下から。
    たまに逆向きを入れることで、ボリュームが均等になります。
  • 4
    今日はきっちり三本使いました。わっさわっさとしているくらいがちょうどいいです。
    このくらいかな、と思ったとこからさらに1割増すくらいの感じで。
  • 5
    わごむが半分より下に下がってしまっていたら上に上げてから、わごむの上をリボンでしばります。
    ぎゅーーーーーーーーーっとしめてください。
  • 6
    器が出来たので、ラナンキュラスをころんとまとめます。
    基本はしいたけです。
    「器がなくても大丈夫」を見ると、詳しく書いてあります。
  • 7
    わごむでお花をとめます。
    とめ方も「器がーーー」に書いてあるのでご覧ください。

    宣伝みたい・・・。
  • 8
    コップの高さよりもちょっと短くして茎を切って、ミモザの中にすぽっと入り込むようにラナンキュラスをいれこみます。
  • 9
    完成です!!
    横から見て、ラナンキュラスがぐらぐらしていたり、ミモザから浮いているなと感じたら、もう少し短くしてまたセットしなおします。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

パリスタイルのブーケの基本中の基本といえる技法ですが、ものすごく応用が利き、覚えておくと絶対便利です。
ミモザはいっぱい使いましょう!!
器がなくてもーーはこちらhttp://atelier.woman.excite.co.jp/creation/488.html

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

bonjourhappyさんの人気作品

「お花」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.