ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

横からシュッ‼立てたまま使えるティッシュケース

お気に入りに保存 2人

投稿者: jms

横からシュッ‼立てたまま使えるティッシュケースの作り方
横からシュッ‼立てたまま使えるティッシュケースの作り方
横からシュッ‼立てたまま使えるティッシュケースの作り方
横からシュッ‼立てたまま使えるティッシュケースの作り方

このハンドメイド作品について

横から取り出せるタイプのボックスティッシュケースの作り方です。
丸ごとバッグに入れても、本体を取り出すことなくティッシュを取り出せて便利です。
持ち手が付いているので、椅子に掛けたりフックに掛けたりして使えます。

材料

  • 生地
    型紙をご覧ください
  • ボタン【10㎜】
    2組
  • ボタン【14㎜】
    1組

道具

  • ミシン
  • 裁縫道具
  • アイロン・アイロン台

作り方動画

作り方

  • 1
    ティッシュボックスはこちらを使用します。
    サイズ 約11.5×22.7×4.5cm
    ※多少の誤差はあるかと思います。
  • 2
    横から取り出せる様に箱を少し工夫します。
    まず、切り取り線にそって切ります。
  • 3
    大体でいいのでこの様に切り取ります。
  • 4
    するとこの様に横から取り出せます。
  • 5
    型紙の大きさです。
  • 6
    型紙どおりに裁断します。
  • 7
    持ち手から作ります。
  • 8
    中心に向かって折ります。
    中心に少し隙間を開けてください。
  • 9
    半分に折ります。
  • 10
    今はこの様な状態です。
  • 11
    端から5㎜を縫います。
  • 12
    角を2か所切り落とします。
  • 13
    縫い代を中に入れます。
  • 14
    形を整えステッチをかけます。
    これで持ち手が出来ました。
  • 15
    本体を作ります。
    リバーシブルの生地を使っています。
    今回は表地がデニム生地でストライプ生地が裏側です。
  • 16
    仕上がり線に沿って3つ折りにします。
    アイロンでしっかりと折り目を付けておきます。
  • 17
    折り目を開いておきます。
  • 18
    両脇を袋縫いにしていきます。
  • 19
    両脇を5㎜縫います。
  • 20
    裏に返します。
  • 21
    両脇を1cm縫います。
    これで袋縫いが出来ました。
    布端のほつれが内側に入り、両端がキレイに仕上がりました。
  • 22
    持ち手を付けていきます。
    2本目の折り目の所に持ち手を付けます。
    (今は配置の確認の為に置いているだけです)
  • 23
    ひとつ折ります。
  • 24
    もう一つ折って、持ち手も入れてぐるっと1周縫います。
  • 25
    四角く縫います。
    これで縫う作業は終わりです。
  • 26
    大きい方のボタンを付けます。
  • 27
    小さいボタンを2個付けます。
  • 28
    完成です!
  • 29
    内側はこの様な感じです。
  • 30
    ボタンを外せば椅子などに掛ける事ができます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ティッシュは使い始めだと取り出しにくいので、数枚使ってからカバーに入れて使ってみてください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

jmsさんの人気作品

「テッシュカバー」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.