ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ダンボール 織り  敷物 コースター (毛糸で)

お気に入りに保存 45人

投稿者: tabitomoneko

ダンボール 織り  敷物 コースター (毛糸で)の作り方

このハンドメイド作品について

「身近なものを使ってこんな手芸ができるんだ!」って意外感があるようで、クラブ担当の先生に驚かれます。

そういえば理科の実験のでんじろう先生もいってたなぁ。日用品を使った実験がうける、って。

布を裂いていないので「裂き織り」ではないのですが、機織でもないし…

まあ、ネーミングはなんでも、やり方を見てくださいね。



クラブでは2・3枚切込みを入れたダンボールを用意しておいて、帰りはそのまま続きができるよう、持ち帰ってもらってます。

高い機械は要らないよ~♪

材料

  • 毛糸(縦・横糸用)
    適宜

道具

  • ダンボール
  • セロテープ
  • 割り箸
  • カッター
  • はさみ

作り方

  • 1
    割り箸1.5膳用意。

    1膳はシャトルとして使用。(割らない)

    割ったほうは綜絖(そうこう)として使う。

    角を削ってあたりがやさしくなるようにしておくのがコツ。
  • 2
    ダンボールの両端に切込みを2cm位入れます。

    横幅はお好みで何本でも
    (奇数偶数とも可)

    ダンボールの縦縞があるよね。

    その縞の間の凹みを切ると均等に。

  • 3
    縦糸をかけます。

    裏に毛糸の先をセロテープで止めておきます。
     
    ダンボールではさんでいくので糸は取れないとは思うけど、子供用なので、用心のため。
  • 4
    ダンボールを表に返し、反対端の切込みへ糸を挟みます。

    今回の縦糸は並太毛糸を使ってます。

    できていく織布にはほとんど目立たなく、フリンジ部分に糸が出ます。
  • 5
    また裏に返し、次の切込みへ糸をはさむ、という作業を繰り返します。

    最後の糸端も、ダンボール裏側にセロテープでとめておきます。
  • 6
    縦糸が張り終えたよ。

    (写真真ん中の横線はダンボールについていた模様ですので気にしないで。)
  • 7
    裏もこんな感じです。
  • 8
    毛糸を3・4m位カット。

    シャトルとなる、割り箸に毛糸をはさみます。

    子供たちには
    「毛糸をもって両手を広げて
    4回で切って」と言ってます。
  • 9
    右からシャトル割り箸を入れます。

    まず一本目の縦糸をつまみ上げ、
    割り箸をいれ、2本目の縦糸の上を通す。

    奇数と偶数の縦糸が交互になっていくように繰り返す。
  • 10
    割り箸を左から抜きます。

    さらに毛糸を引っ張っていき、右側の端10センチぐらいで、縦糸にひとくくり(一回縛り付ける)します。
  • 11
    一本に割った割り箸を綜絖(そうこう)として使います。


    綜絖を偶数の縦糸をつまみ上げて通します。

    左側からってシャトルが入れにくいですよね。
    でも…
  • 12
    こうするとシャトルが入れやすい。

    綜絖を少し持ち上げると偶数の縦糸が上がります。


    綜絖に沿わせてシャトルを左から入れるのです。

  • 13
    毛糸の折り返し部分はゆるめに。

    引っ張りすぎてしまう人が多いです。
  • 14
    綜絖で糸をトントンと寄せ付けます。

    このきつさで縦糸が目立ったり、出なくなったりしますが、力加減はお好みで。
  • 15
    また右からシャトルを入れます。

    画像9同様に。

    奇数の縦糸をつまみ上げながら割り箸を通していくのです。
  • 16
    同じように折り返し部分はゆるめに。

    毛糸を引っ張るときに、折り返し部分を押さえておくのがコツ。
  • 17
    失敗例。

    引っ張りすぎです。

    気づいたら、織り地を横に引っ張って。
  • 18
    どんどん繰り返して、いきます。

    糸がなくなってきたら…
  • 19
    糸の始末は色々。

    糸の種類とレベルに合わせて。

    ・新旧の糸を単に結び、結び目は裏に。

    ・縦糸にくくりつける。

    ・織り返しいれ込む。等




  • 20
    今回は右端の縦糸にくくり、数目織り返しました。

    横糸が起毛タイプでしたので目立ちません。

    (起毛タイプは絡みやすいので子供には不向き。)
  • 21
    こうしてまた新しい糸を追加します。

    最初と最後の両端の糸始末もも同様に、横糸は縦糸にくくってから折り返しましたが

    折り返し部分は織り地の一番端ではなく、一つ前に入れて。
  • 22
    織り終わりました。

    普通のアクリル極太・並太の場合も糸始末は21同様。

    子供の場合、綜絖のあて方が弱いので最初と最後の横糸は
    縦糸と一緒にくくり、フリンジに入れても。
  • 23
    ダンボールを裏にし、縦糸を切る。

  • 24
    ダンボールから片側だけはずす。

    片側だけ、というのがコツ。


    反対側がしっかりと支えられているのでフリンジが作りやすい。
  • 25
    端からひとくくりしていきます。

    3本縦糸を一緒に縛るだけ。

    両端が終えたら、順に内側へ。
  • 26
    真ん中の縦糸は2本です。(数の調整)


    このように、2・3本の縦糸でひと結びする。

    ここで余った部分をカットし終わりにしてもいいのですが、ちょっと
    凝って…♪
  • 27
    くくる部分を3段にし、模様にするね。

    まず、端のフリンジの縦糸を2つに分ける。

    ・2本の縦糸をくくる。

    ・つぎのフリンジの一本と先ほどの残りの縦糸をくくる。
  • 28
    同じように、ひとつの束を2つにわけ次の束の分けた1つと一緒にくくる、という作業を繰り返します。

    写真で見てください。
  • 29
    同じ事をもう一段繰り返し、余分な糸をカットし完成。
    反対側も同様に。

    他にもフリンジはアイディア次第。

    大きいビーズを通したり三つ編みしたり。

    挑戦して!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

とにかくゆるめに、画像17のようにきつくなりがち。特に上に行くほど狭くなっていく子が多い。


織るのに時間がかかります。今回この写真のものは私が作って2時間はかかってます。

クラブ時間内には終わらないので、縦糸の始末(フリンジ)まで教えてから、
ダンボールごと持って帰ってもらってください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

tabitomonekoさんの人気作品

「裂き織り」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.