ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

[2か所縫いで作る]合わせ式ポーチ

お気に入りに保存 12人

投稿者: トコリ*トコリ

[2か所縫いで作る]合わせ式ポーチの作り方
[2か所縫いで作る]合わせ式ポーチの作り方

このハンドメイド作品について

2か所縫いの可能性を探っていく独り遊び企画。第4弾。
[2か所縫いで作る]合わせ式袋・ポーチ
ブログにても公開(写真多め)
https://tokoris-taste.blog.so-net.ne.jp/20180711-201807recipes4

材料

  • 1枚 
  • 適量
  • ゴムだけの場合
    20±5cm
  • ゴムとボタンの場合
    ゴム10cm ボタン大1/小1
  • ループつける場合の布 
    5cm幅×長さ6cm

道具

  • ミシン
  • ハサミ
  • アイロン

作り方

  • 1
    布の準備
    1枚布の場合:
    長さ=[(袋の高さA)+2(A2/3)+縫い代1cm]×2(表裏分)=(2A1/3)×2=4A2/3+2cm(縫い代)
    布幅=(袋の幅)+(縫い代1cm×2(両端分))



    例) 高さが15cm、幅21cm の袋の場合。
    長さ=[15cm+2(15cm×2/3)+1]×2=[15cm+2(10cm)+1]×2=72cm
    布幅=21+(縫い代1cm×2)=23   つまり、長さ72cm、幅23cmの布
  • 2
    外表で半分に折ります。
  • 3
    輪の部分から出来上がりの袋の高さの2/3の長さで布端を輪側に折り倒します。
  • 4
    両方とも倒したら 縫い代1cmも外表で倒します。
  • 5
    両布端を袋の高さ(A)の2/3の長さ 内に折り込みます。
  • 6
    布端1cmで縫います。
    ループをつけるなら、この時挟み込みます。挟む場所は返し口になる布端側のこの状態の布1枚下。
  • 7
    ループの挟む箇所。
    ループ用の紐は 布中央で両端を合わせさらに折る、四つ折りでミシンをかけて作ります。
  • 8
    1枚をペロッと返し、布端1cm(縫い代)の中央にゴムを(布端にゴム端を揃えしっかり)つけます。
    平たいゴムの場合は中表にして重ねてつけます。
    丸いゴムや共布で作ったボタン掛けひも等の場合は(重ねず)並べて縫い付けます。
  • 9
    返し口を縫い閉じる。
    ボタンをつける場合は ボタンを付けてる(小さいボタンは力ボタンとして裏側に)。
    出来上がり。

    追記:この作り方は中央部分で1/3の布が重なっているデザインで、マトリョーシカ柄の袋(ポーチ)は(3)の工程で袋の高さA分倒し、ポーチ上部(返し口)部分で1/3の布が重なっている仕様です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

作業工程ごとにアイロンで押さえると作業が楽です。
布が重なる長さは袋(ポーチ)の高さの1/3。
上記の作り方は中央部分で1/3の布が重なっているデザインで、マトリョーシカ柄の袋(ポーチ)は(3)の工程で袋の高さA分倒し、ポーチ上部(返し口)部分で1/3の布が重なっている仕様です。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

トコリ*トコリさんの人気作品

「2か所縫い」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.