ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

交差編みで編むかぎ針ケース

お気に入りに保存 15人

投稿者: *mati*

交差編みで編むかぎ針ケースの作り方
交差編みで編むかぎ針ケースの作り方
交差編みで編むかぎ針ケースの作り方

制作時間:3時間

完成サイズ: 縦:18cm 横:28cm

このハンドメイド作品について

かぎ針編みで編む交差模様のかぎ針編みケースです。
ポケットは両端を抜かして9個。
ポケットもかぎ針をおさえる紐も、途中で糸を切らずに、すべて一度で編めるようになってます。

材料

  • コットンヤーン(ダイソー)
    約2玉

道具

  • かぎ針 4号

作り方

  • 1
    編み図は↓のページからダウンロードできます。
    「交差編みのかぎ針ケース」http://atelier-mati.com/?p=4736
    鎖編み78目で作り目し、模様編みで7段編みます。
  • 2
    8段目は長編みの表引き上げ編み編みます。
  • 3
    さらに模様編みで13段目まで編みます。②で編んだ引き上げ編みのところで編地を折り曲げ、14段目は、★のところだけ、13段目と作り目を一緒に拾って編みます。
  • 4
    続けて19段目まで模様編みで編みます。
  • 5
    19段目まで編めたら、鎖編みを76目編んで端に引き抜き編みします。
  • 6
    さらに今編んだ鎖編みに引き抜き編みをしながら、編み始めの位置に戻って引き抜き編みをします。
  • 7
    20段目は、今編んだヒモをよけて、19段目を拾って編みます。
  • 8
    21段目は、20段目を拾って編みますが、★のついたところだけ20段目と⑤で編んだヒモを一緒に拾って編みます。
  • 9
    続けて31段目まで編んだら、周囲に細編みを1段(1周246目)編み、糸を切ります。糸を白に変え、細方眼で1段編んで、本体は完成です。
  • 10
    本体の裏を見ながら、31段目に糸をつけ、長編みの表引き上げ編みを編みます。
    続けて模様編みで8段目まで編んだら糸を切って完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ポケットやヒモは、すべて裏側にくるようにしてください。

引き上げ編みは、編み図では裏引き上げ編みの記号になっていますが、表から見たときに裏引き上げ編みになるように編むという意味です。

ですので、実際には裏を見ながら編む段では、表引き上げ編みを編むことになります。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

*mati*さんの人気作品

「かぎ針」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.