ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

お花のピンクッション

お気に入りに保存 20人

投稿者: はんどカフェ

お花のピンクッションの作り方

このハンドメイド作品について

クロスステッチで水玉模様にステッチしてから仕立てます。
円形のピンクッションを刺しゅう糸でぎゅっと締めれば、ふっくらお花の形に。
リボンや、布合わせ、色使いが人気作家さんならではのキュートさです。
作品制作・デザイン:小幡小織

材料

  • ヘリンボーン生地(ベージュ)
    13cm×13cm
  • ストライプ生地(白と紫のストライプ)
    13cm×13cm
  • ソルブルシート
    12cm×12cm
  • 幅0.5cmのサテンリボン(紫)
    37cmと12cmを各1本
  • 25番刺しゅう糸(緑、ピンク、紫)
    各適量
  • 手芸用化繊綿
    適量

道具

  • ミシン
  • ハサミ
  • アイロン
  • ペン型チャコ
  • コンパス
  • 縫い糸
  • しつけ糸

作り方

  • 1
    ヘリンボーン生地とストライプ生地は、それぞれ直径12cmの円形にカットし、裏側の0.5cm内側にでき上がり線を引く。
  • 2
    ソルブルシートを直径11cmの円形にカットし、ヘリンボーン生地の表側の図の位置にしつけ糸でとめ、図案を刺しゅうし、ソルブルシートを溶かす。*ソルブルシートのかわりに図案を布に写す方法で刺しゅうしてもよい。
  • 3
    ヘリンボーン生地とストライプ生地を中表(布の表側どうしを合わせる)に、布の縦方向を合わせて重ね、返し口を3cm残して図のように縫う。返し口から表に返し、化繊綿を詰め、返し口をはしご縫いでとじる。
  • 4
    37cmのサテンリボンをヘリンボーン生地とストライプ生地のはぎ目に重ねて、両端をぐるりと1周まつり縫いでつける。サテンリボンのつけ始めまで縫ったら、サテンリボンの端を1cm裏側に折り、つけ始めのリボンに1cm重ねて縫いとめる。
  • 5
    刺しゅう糸(緑)を約80cm3本取りにし、端に玉結びを作る。ヘリンボーン生地の中央に針を入れ、ストライプ生地中央に針を出す。
  • 6
    外側から糸を渡して、中央に針を入れて裏側に針を出し、糸を上下両面に渡して1周させる。刺しゅう糸をやや強めに引きくぼみを作る。5で渡った糸と対称になるように糸を渡して、ヘリンボーン生地の中央に針を入れ、裏側に針を出す。
  • 7
    刺しゅう糸をやや強めに引き、くぼみを作る。5と6の糸の位置に、もう1回繰り返して糸を渡し、そのつど引き締める。
  • 8
    5〜7を繰り返し、図のように6等分になるように、針を出し入れしてくぼみを作る。
  • 9
    ヘリンボーン生地の中央に、針を出す。12cmのサテンリボンを蝶結びにし、結び目の中央に図のように針を通す。ヘリンボーン生地の中央に針を入れ、ストライプ生地側に出す。
  • 10
    再びヘリンボーン生地の中央まで針を出し、サテンリボンの下側で玉留めをする。
ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

はんどカフェさんの人気作品

「クロスステッチ」の関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.