ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

着物の残り布でつくったスカーフマフラー

お気に入りに保存 6人

投稿者: kuro3673

着物の残り布でつくったスカーフマフラーの作り方

このハンドメイド作品について

着物の残り布でつくりました。
おはり仕事が、苦手な人でも、簡単に出来ます。

着物をほどきお洗濯

そでの部分で作ってみました。

作り方を載せてみますが、好みですので、おおまかです。
ほどいた着物次第ですし、足りない場合は、継ぎ足したり、バッチワークのように、細かく継ぎ足すのも面白いと思います。

材料

  • 着物の残り布
    でき上がり寸法によって弱冠かわります
  • 糸・針・アイロン
    1つ

作り方

  • 1
    1.素材つくり
    布の大きさは、37cm×200cm
    仕上がりは、17cm×196cm
    布を洗い今回の素材が絹のですので、高級アルコール系洗剤で手洗いします
  • 2
    完全に乾かないうちに、アイロンをかけると(湯のし)綺麗に仕上がります。
    古い布の場合縮むことがありますし、ゆがみもありますので、伸ばしてください。

  • 3
    縦半分に折り縫うところに、チャコなどで、しるしを付けると縫いやすいです。
    縫い代も、大まかです、柄に合わせて手も良いですが、だいたい1cmぐるりと付けまち針で止めます。
  • 4
    縫い代の上を縫いますが、縫い糸は、布地の色より少し濃い方が、縫い目が、目立ちません。
  • 5
    ○返し口

    そのまま全部縫ってしまうと、ヒックリ返せないので、縫い口を10cm位あけておきます。

  • 6
    ○縫い代に、アイロンで折りきせをかける。



  • 7
    縫い目に、アイロンをかけると仕上がりが綺麗です。そのあと折りきせをかけます。
    縫わなかった、返し口から手を入れ表にかえす。
    再度アイロンをかけ、返し口をくける。
    でき上がり

このハンドメイド作品を作るときのコツ


つくり方は、帯と同じです。画像付きのつくり方は→http://plaza.rakuten.co.jp/kuro0703/15002
※被とは、

縫い目よりやや奥で折り、縫い代を片返しにしたときの縫い目から折り山までの部分。
縫い目通りに折らないで余分に深めに折ることを「きせをかける」といいます。
ほとんどの縫い目に約2ミリの「きせ」をかけます。「折きせ」とも言います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

kuro3673さんの人気作品

「きもの リサイクル」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.