ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

スラッシュキルトの雪うさぎ

お気に入りに保存 0人

投稿者: ideals

スラッシュキルトの雪うさぎの作り方
スラッシュキルトの雪うさぎの作り方
スラッシュキルトの雪うさぎの作り方

完成サイズ: 高さ:8cm

このハンドメイド作品について

着れなくなったブラウスで、雪うさぎを作りました。

材料

  • 厚紙
    適量
  • しつけ糸
    適量
  • 糸(あれば 透明糸)
    適量
  • 白いブラウス
    適量
  • まち針(赤)
    2本
  • ビーズ(赤)
    18こ
  • 細いひも
    6cm程度

道具

  • 定規
  • コンパス
  • はさみ
  • チャコペンシル
  • マジック
  • 手芸用ニッパー
  • 手芸用ボンド

作り方

  • 1
    厚紙で、型紙を作ります。
    頭と体は、半径3.2 cmの円。
    (頭と体は、同じ型紙です。)
    しっぽは 半径1.6 cmの円。
    耳は長さ 4cm 、最大幅1.4cmで、うさぎの耳形にします。
  • 2
    ブラウスから、縦糸方向 あるいは 横糸方向 が揃うように、3枚の布を切ります。(ここでは、後ろ身頃から取りました。)
  • 3
    3枚を重ね、まわりをしつけ糸で固定します。
  • 4
    縦糸方向、あるいは 横糸方向に対して 45度の角度で、0.5cm 幅の線をチャコペンシルで たくさん引きます。
  • 5
    4. の上に 型紙をのせ、型紙のまわりをチャコペンシルでなぞります。
  • 6
    写真のように、頭、体、しっぽ の型をとります。
  • 7
    円 内側の 0.5cm幅の線上を 細かいなみ縫いで縫います。
    (縫い始めと終わりは 返し縫いをします。)
  • 8
    頭、体、しっぽ のそれぞれに、なみ縫いをします。
  • 9
    円の 0.5cm 外側を切ります。
  • 10
    上の2枚の布端から 布端まで、なみ縫いとなみ縫いの間を 切ります。
    (1番下の布は、切ってはいけません。)
  • 11
    縦糸方向 あるいは 横糸方向が揃うように、5枚の布を切ります。
    (うさぎの耳が 2つ入る程度の大きさです。)
  • 12
    5枚を重ね、まわりをしつけ糸で固定します。
  • 13
    耳の型紙を 縦糸方向、あるいは 横糸方向 に対し 45度の角度で置き、型紙のまわりを チャコペンシルでなぞり、耳の縦方向の中央に 線を引きます。
  • 14
    13. で引いた線の上に、なみ縫いで ビーズを5こ 縫い入れながら、耳の最上部まで縫います。
    (引いた線より、1〜2 目 外側から 縫い始めます。)
  • 15
    縫い始めの位置まで なみ縫いで、ビーズを 14. で入れた 5この間に、4こ入れながら 縫い戻ります。
  • 16
    耳の下に 1cm の縫い代をつけ、耳のまわりは 縫い代なしで(線上を) 切ります。
  • 17
    頭、体、しっぽ、耳、を洗います。
  • 18
    それぞれのパーツの切り口の糸を ほつれさせ、切り口が 毛羽立つようにしてから 干します。
  • 19
    耳は 縫い代部分を、洗濯ばさみで ビーズが内側になるようにたたんで、押さえて 干します。
  • 20
    乾いたら、頭に耳を付けます。
    頭の平らな面(切ってない方の面) の上に、折り畳んだ 2つの耳を、ビーズの側が 中心に向くようにして、耳の縫い代 1cm が、頭の円の中に入るように縫い付けます。
  • 21
    うさぎの耳の後ろに ループを付けるため、細いひもを 用意します。
    (ここでは、ループを目立たなくさせるために、透明糸 4本 を鎖編みしたものを 使います。)
  • 22
    ひもの先に結び目を作り、その結び目を うさぎの耳の反対側の位置に付けます。
    (結び目は、円の内側にくるようにします。)
  • 23
    円の上を、ぐし縫いをして 縮めます。
  • 24
    9. 16. の切り落とし布から、細かく切った布と 布をほぐして作った繊維を用意します。
  • 25
    あとで 目を差し込むので、顔になる前側には 繊維を、後ろ側には 細かい布を詰め、糸を引き締め 縫い閉じて、頭を作ります。
    (縫い代は 外に出ています。
    両耳の後ろに ループがきています。)
  • 26
    体も 円の上をぐし縫いして、縫い縮めます。
  • 27
    細かい布を詰め、縫い閉じます。
    25. と同様、縫い閉じた縫い代は 外に出ていて、玉ねぎのような感じになります。
  • 28
    27. の縫い閉じた側を 頭の下に縫い付け、うさぎが自立するように、底は平らな面が来るようにします。
  • 29
    しっぽの円の上を、ぐし縫いで 縫い縮めます。
  • 30
    細かい布を詰め、糸を引きしめ 縫い閉じます。
    縫い代は 外に出ています。
  • 31
    縫い縮めた側が見えるように、しっぽを縫い付けます。
  • 32
    マジックで まち針の頭を黒くぬります。(まち針の頭の赤色を 少々残しました。)
  • 33
    手芸用ニッパーで、まち針の頭から 1.5 cm の長さで 針を切り落とします。
  • 34
    手芸用ボンドを、まち針の頭の下から針につけます。
  • 35
    34. を顔にさし込みます。
  • 36
    耳の後ろにあるループに、チェーンを通してみました。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

洗った後は、チャコペンシルでかいた 型紙の円は消えてしまいますが、なみ縫いをした部分を見れば、円の位置は わかります。
切り口をほつれさせる時は、針先で 繊維を動かすようにするとよいです。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

idealsさんの人気作品

「雪うさぎ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.