ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

春の装い☆ タンブラーケース

お気に入りに保存 16人

投稿者: puchi

春の装い☆ タンブラーケースの作り方

このハンドメイド作品について

暖かくなった沢山お散歩したいですよね♪

タンブラーに好きなドリンク入れて持ち歩いてくだい。

オシャレにエコ♪

材料

  • 生地A(今回はシーチングを2枚仕立てにしました)
    108センチ×22センチ
  • 生地B
    15センチ×22センチ
  • レース(2センチ幅)
    20センチ×2本
  • 丸ひも(0.4センチ幅)
    40センチ×2本

道具

  • ミシン(ジグザグミシンが出来るもの)
  • 裁ちバサミ
  • 糸切バサミ
  • まち針
  • ひも通し(なければヘアピン)

作り方

  • 1
    型紙元に生地を裁断します。今回は生地Aは2枚仕立ての仕上がりなので4枚重ねで裁断してください。(又はキルティング1枚仕立てを薦めます。)
  • 2
    生地Aと生地Bの●を合わせて縫います。その後縫い代を両方の生地を一緒にジグザグミシンをかけます。
  • 3
    縫い代を生地A側に倒してアイロンをかけてます。
  • 4
    縫い目から0.5センチの所にステッチをかけます。
  • 5
    生地Bにレースが0.5センチかかる所にレースを置きます。レース端から0.7センチの所を縫います。
  • 6
    両脇にジグザグミシンをかけます。出っ張っているところはかけないでください。
  • 7
    6までの行程が終った状態です。
    あと少しですよ♪
  • 8
    内側を中に合わせて脇を開き止まりまで縫います。
  • 9
    縫い代を写真の様にアイロンで割っておきます。
    底を縫います。写真の様に口を合わせます。
  • 10
    9の拡大写真です。
  • 11
    端から1センチの所を縫います。
    縫い代の端にはジグザグミシンをかけてください。
  • 12
    ひも通し口を作ります。縫い代を外側に倒して0.5センチの所を写真の様に縫います。
  • 13
    1センチ、2センチで3つ巻きにして0.2〜3センチの所を縫います。
  • 14
    丸ひもをひも通し(なければヘアピン)で通して出来上がり☆

このハンドメイド作品を作るときのコツ

☆今回生地Aを2枚仕立てにしましたがシーチングを使用したためです。キルティングのような厚い生地の場合は1枚仕立てにしてください。
☆A生地はB生地より厚めの生地を使用するといい仕上がりになると思います。
☆タンブラーの大きさによってサイズが変わります。(今回は直径8.5センチ×高さ16.5センチ)サイズを確認してから作成してください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

「タンブラー」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.