ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

メッシュのミニ・バッグとポーチ

お気に入りに保存 24人

投稿者: am-tm

メッシュのミニ・バッグとポーチの作り方

このハンドメイド作品について

ファンシーヤーンとコットンを合わせて編みやすく、使いやすいものを!
実は、100gのファンシーヤーン、使い切ってしまいたかった・・・^^

材料

  • ファンシーヤーン
    100g
  • コットン・グリーン
    45g
  • コットン・レッド
    20g
  • ファスナー(18cm)
    1本

道具

  • はさみ
  • とじ針
  • 目数段数リング
  • かぎ針4号、6号

作り方

  • 1
    コットン・グリーンで5号か、6号のかぎ針で55目のくさり目、立ち上がりのくさりを編んでから4号のかぎ針で細編みする。両端には細編み3個を入れて一周。
  • 2
    最後の目を引き抜くときにファンシーヤーンに換えます。
    そのときは、表目の方でします。
  • 3
    一段ずつ糸を買えながら模様編みを続けます。コットンで細編みするとき、前段がくさり5目のところは7目の細編みを入れます。
  • 4
    ファンシーヤーンのくさり目を入れる位置は、2段目ごとにずれることと前段7目のコットンの細編みは中央5目を拾う事に気をつける。
  • 5
    36段め20cmの高さのときに中央25目のところを残して、35目のくさり目を編み、持ち手を作ります。〔1〕の3.の図を参照。
  • 6
    次の段から そのまま、模様編み5段を続けます。
  • 7
    コットンの段で終了しましたが、裏を表にして最終段細編み 7目のところは5目拾い一周します。_まだ返していない表の状態。
  • 8
    出来上がり。
  • 9
    残りのファンシーヤーン35gとコットン・レッド20gでポーチを編みます。35目をバッグと同じようにコットンで作り目した後、細編みを入れます。
  • 10
    バッグのときは、表編みのまま編み続けた結果、出来上がったときにねじれが出てしまったので、ここでは、コットンは表で、ファンシーヤーンは糸換えのときに裏に返して編みます。
  • 11
    〔2〕ポーチの模様編み図参照、27段まで編み進め、28段目は細編みで一周します。
  • 12
    両端から中央までの目数を前後同数のところに印をつける。
    ファスナーの中央もわかり易いよう、目立たないところに印をつける
  • 13
    糸はコットンを割った糸を使いました。
  • 14
    しつけをかけてから、ファスナーとコットン最終段の下のところ、表を見ながら返し縫いします。
  • 15
    出来上がり。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

バッグは表だけで一周ごとに糸を換えましたが、かぎ針特有のねじれが出来てしまいました。
ポーチでは、一周ごとに方向を変えたので、仕上がりはきれいになります。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

am-tmさんの人気作品

「ミニ・バッグ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.