ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

古いリボンを使ったキーストラップ

お気に入りに保存 87人

投稿者: stein

古いリボンを使ったキーストラップの作り方

このハンドメイド作品について

ヴィンテージコットンを使ったスナップフックつきのキーストラップです。ペンダントトップのような小さな飾りをつけたりと、いろんなアレンジが楽しめます。

ヴィンテージ記事に関するインタビューはこちら
http://atelier.woman.excite.co.jp/interview/rid_1197/

材料

  • 最低80x6cmの布
    1ピース
  • 新しいまたはヴィンテージの巻き尺
    適量
  • スナップフック
    2cm幅

作り方

  • 1
    布切れを80x6cm大の大きさに切る
  • 2
    巻き尺を81cm切り取る。金属はついていたらはずす
  • 3
    巻き尺の片方を布の表面に、何回か縫うことで取り付けます。縫い代は縁から3mmくらいにしてください。これは後で切り取るので、見た目は気にしなくて大丈夫です。
  • 4
    布を、長くなるように半分に折ります。巻き尺が中に入るようにしてください。生地の表面が向き合うようになります。
  • 5
    縁から1cmのところをまっすぐ縫い中に巻き尺が入った細い筒状になるようにします。巻き尺を縫い付けないように注意。後で裏返すことができなくなります。
  • 6
    巻き尺を持ってそっと筒を裏返します。
  • 7
    巻き尺の余分な部分を切り取ります。ストラップをスチームアイロンで注意深くプレスします。
  • 8
    巻き尺をストラップの中央に置きます。
    針を使って固定すると巻き尺に穴が開いてしまうので、セロテープで固定します。
  • 9
    ミシンで縫うときに、作品が均等に流れていくようにするためにもセロテープで固定するのがベストです。巻き尺をテープで覆わなければ、布がくしゃくしゃになってしまいます。
  • 10
    ストラップの真ん中にまっすぐな縫い目を縫い付けます。縫い代にコントラストのある色を選ぶととても見栄えがよくなりますが、まっすぐ縫う自信がないなら、巻き尺と同じ色を使ってください。
  • 11
    テープを剥がします。
  • 12
    スナップフックまたはDリングをストラップに取り付けてテーブルの自分の前においてください。
  • 13
    一端の裏側をもう一端の表側にくっつけてループにしてください。単純に折るより、この方が首にかけたときに心地よくなります。
  • 14
    二つの端をまっすぐな縫い目で、縁から1cmのところを縫います。しっかり固定するため何度か縫います。ふちをジグザグの縫い目で固定します。
  • 15
    スナップフックをあるべき場所、ストラップの端に移動します。ストラップをツイストし、縫い目を回転させ、ストラップの内側に来るようにします。
  • 16
    フックになるべく近いところをまっすぐの縫い目で縫うことにより、フックがあるべき場所に固定されるようにしてください。
  • 17
    完成です!ではオトモダチのためにいくつか作ってみてください。または、ポケットに入れる用にもっと短いものは? 

このハンドメイド作品を作るときのコツ

キーストラップを飾るために、いろんな古いリボンを使います。このサンプルでは巻き尺を使いました。ストラップを裏返すとき、リボンか巻き尺を使ってみてください。小さなバッグとポストカードまたはヴィンテージの本の1ページとセットにすれば、完璧な贈り物になります。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

steinさんの人気作品

「キーストラップ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.