ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ボタンのつけ方

お気に入りに保存 2人

投稿者: nutte

ボタンのつけ方の作り方

このハンドメイド作品について

一口にボタンと言っても、四つ穴・二つ穴・足つきなど、様々な種類がありますが、ここではまず最も使用頻度の高い四つ穴ボタンのクロスがけの付け方をご紹介します。
手縫い糸又はボタン付け糸や穴糸(生地によって使い分けましょう)を使用して以下の手順でボタンを付ければ、糸がするすると解けてきてボタンがとれるという事はほぼなくなります。
きちんとしたボタン付け、これを機会に覚えてしまいましょう!

材料

  • ぼたん
    必要量
  • 生地
    必要量
  • 必要分
  • 手縫い糸
    必要分
  • 指ぬき
    必要分

作り方動画

ボタン付け (nutte_official)

作り方

  • 1
    【目打ちで穴を開ける】
    ボタン付け位置の5mm程離れた位置に、目打ちで軽く穴をあけておき、そこから針を入れてボタン付け位置から針を出します。
  • 2
    こうすることで簡単に生地の裏面に結び玉を引き込むことが出来ます。結び玉は出来る限り裏側に引き込んでおきましょう。
  • 3
    【糸を渡す】
    ボタンと生地を交互にすくいながら糸を渡していきます。
    動画では十字に糸をかけていますが、「ゲタがけ」と言われる横に二列に糸を渡す場合も手順は同じです。
  • 4
    この時、生地とボタンの間にほんの少し隙間があくようにゆるめに糸をかけましょう。どれくらいの隙間が必要かは、用途によって変わります。
  • 5
    【糸足をつくる】
    糸を渡し終えたら生地とボタンの間にある糸を、残った糸で柱を作るようにくるくると巻き上げていきます。
    少しきつめに均等に巻くと美しく仕上がります。
  • 6
    【糸を絡める】
    糸を巻き終えたら、糸を1回絡めて引き締めておきましょう。
  • 7
    【糸を絡める】
    最後に、糸を巻き上げて作った柱に残りの糸を数回通します。
    ここは固く巻いてあるので、指ぬきを使用してけがをしないように慎重に作業してください。
  • 8
    針を刺す方向をあちこち変えて3~4回通したら、結び玉は作らずにそのまま糸を切って終了です。
    柱をしっかりと巻き上げて糸が数回渡っていれば、ほどけてくることはまずありません。
  • 9
    nutte公式サイトmamettoには他にもレシピをたくさん公開中!ぜひ見に来てください!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

nutteの公式サイトmamettoにはプロの縫製職人が監修の縫い方の基本動画や、型紙等コンテンツが盛りだくさん。ぜひ見に来てくださいね!
サイトはコチラ ? http://mametto.nutte.jp/

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

nutteさんの人気作品

「ボタンのつけ方」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.