ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

型とアイロン定規の作り方

お気に入りに保存 8人

投稿者: nutte

型とアイロン定規の作り方の作り方

このハンドメイド作品について

アイロン作業の際、折り代を一定幅で折るのにあると便利なのがアイロン定規です。定規と言っても、プラスチックやスチールではアイロンと一緒に使えませんので、厚紙で手作りしましょう。
市販品もありますが、手作りすれば好みのサイズで作れます。

画像の厚紙はクラフト紙ですが、お菓子の空き箱でも葉書でもなんでもかまいません。
線を引く間隔は、良く使用する0.7cm、1.0cm、1.2cm、1.5cmくらいは入れておきましょう。あとはお好みで入れてください。

材料

  • 厚紙
    必要量
  • カッティングマット
    必要分
  • 定規
    必要分
  • カッター
    必要分
  • ルレット
    必要分
  • 目打ち
    必要分
  • 筆記用具
    必要分
  • チャコペーパー(あれば)
    必要分

作り方

  • 1
    【できあがりの線を写す】
    厚紙とパターンの間にチャコペーパーを挟み、ルレットでパターンの出来上がり線を写します。
  • 2
    【つづき】
    型のライン取り次第で出来上がりの形状が決まりますので、カーブはゆっくりと丁寧になぞりましょう
  • 3
    【印をつける】
    ボタンホールなどの指示がある場合は目打ちで印をつけ、ペンでなぞっておきましょう。
  • 4
    【カットする】
    カッターを使って歪まないように丁寧にカットします。
  • 5
    【パーツ情報を書き込む】
    後で見てわからなくならないように、パーツ名などの情報を書き込んでおきましょう。
    ※ポケットのような左右対称のものは、半分だけの型でも大丈夫です。
  • 6
    【型の使い方】
    下の画像はラウンドポケットの例です。ポケットのカーブしている部分に粗ミシンをかけておき、型を据えてからミシン糸を引き絞ります。
  • 7
    【つづき】
    そうすると生地が綺麗に型に沿うので、後はアイロンをかけましょう。
    型をつかったポケットの縫い方はこちらをご覧ください。
  • 8
    【型の使い方】
    上はラウンドポケットの例です。ポケットのカーブしている部分に粗ミシンをかけておき、型を据えてからミシン糸を引き絞ります。そうすると生地が綺麗に型に沿います
  • 9
    mamettoには他にもレシピをたくさん公開中!ぜひ見に来てください!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

nutteの公式サイトmamettoにはプロの縫製職人が監修の縫い方の基本動画や、型紙等コンテンツが盛りだくさん。ぜひ見に来てくださいね!
サイトはコチラ ? http://mametto.nutte.jp/

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

nutteさんの人気作品

「型とアイロン定規の作り方」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.