ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

フラットカラーの縫い方

お気に入りに保存 0人

投稿者: nutte

フラットカラーの縫い方の作り方

このハンドメイド作品について

衿ぐり開き無し、縫い代をバイアステープで始末したフラットカラーの作り方です。
きれいに仕上げるコツは、要所要所に印を付けながら正確に縫い進める事と、型を使うことです。
フラットカラーは多くの場合がラウンドした衿の形状を持っているので、衿の外回りを綺麗なカーブに仕上げる為にも型は必須アイテムです。

型の作り方は別項目でご紹介していますので、作成してから縫いはじめましょう。

材料

  • 襟の型
    必要量
  • 生地
    必要量
  • ミシン
    1
  • アイロン
    1
  • 裁ちばさみ
    1

作り方動画

フラットカラーの縫い方 (nutte_official)

作り方

  • 1
    [印をつける]
    まずはシールを利用して、裁断したパーツの前後左右がわかるようにしておきましょう。
    左右の衿を中表に合わせて型を乗せ、出来上がりの印を入れておきます。
  • 2
    -
  • 3
    -
  • 4
    [ミシン縫い]
    衿の外回りにミシンをかけ、続けてそのミシンの3mmほど外側に粗ミシンを1本かけます。
  • 5
    [衿の形を整える]
    縫い代を3mmほど平行にカットしてから型を乗せて粗ミシンを引き絞りアイロンをかけます。
  • 6
    -
  • 7
    -
  • 8
    -
  • 9
    型を外して衿を表に返し、裏衿をほんの少しだけ控えてアイロンで整えます。
  • 10
    [衿仕上げ、身頃にしつけをする]
    表衿を少し控え気味にしながら衿付け線にマチ針を打ち、しつけをかけます。
  • 11
    -
  • 12
    再び型を乗せて、前中心と後ろ中心の出来上がり位置の印を付けておきます。
  • 13
    出来上がり位置で衿が突き合わせになるように左右の衿を揃えて、しつけで固定します。
  • 14
    これでフラットカラーが出来上がりました
  • 15
    身頃の衿ぐりにフラットカラーを仮止めしていきます。前後中心をサイドネックポイントを合わせて丁寧にしつけをかけます。
  • 16
    [バイアス布仮止め]
    バイアス布は裁断しただけの状態だと衿ぐりのカーブの形状に添わせるのが難しいので、
    まずはアイロンでくせ取りをしておきましょう。(つづく)
  • 17
    バイアス布を二つ折りにします。折山側が外カーブになるようにバイアス布全体を湾曲させていくと、
    裁ち端側が余って浮き分が出てくるので、この浮き分をアイロンで潰します。(つづく)
  • 18
    この時、外カーブを伸ばすのではなく内カーブをイセ込んでいくイメージ
    何度か丁寧にアイロンをかけて、バイアス布に形状を記憶させましょう。
  • 19
    次に身頃の衿ぐりにバイアス布の裁ち端側を合わせてピン打ちしていきます。
    スタート位置はバイアス布の繋ぎ目が目立たないSNP付近から始めて、布端は内側に織り込んでおきます。
  • 20
    しつけをかけます。しつけは出来る限り出来上がり線に近い場所にかけましょう。
    間隔を少し細かくすると良いでしょう。このしつけがしっかりかかっていれば縫い直す確率がぐんと下がります。
  • 21
    [衿ぐりミシン縫い]
    きれいにしつけがかかったら出来上がり位置にミシンをかけます。
    バイアス布や身頃に余分な縫い込みなどが出来ていないかを良く確認したら全てのしつけをはずします。
  • 22
    [縫い代をくるむ]
    縫い代とバイアス布を全て身頃側に倒していきます
    縫い代が引っ掛かってうまく倒れないので、あらかじめ縫い代全体を細く整理して切り込みを入れておきます。(つづく)
  • 23
    縫い代幅を3mm平行に裁ち落とし続けて縫い代の2~3mm手前まで切り込みます。間隔はカーブの緩やかな前後中心付近は2cm間隔でカーブのきついSNP付近は1~1.5cm間隔にします
  • 24
    十分な切り込みを入れたら、バイアス布で縫い代を覆い隠すように身頃側に倒してしつけをかけます。
    バイアス布がうまく倒れない場合は丁寧にアイロンをかけましょう。
  • 25
    バイアス布の外回り寸法が不足していた場合はしつけをかけてみると身頃に余り分が出てきてしまいます。(つづく)
  • 26
    このようなときは少し外回りを伸ばし気味にしてみても、もう既に外回りはのびている状態なのでなかなかうまく沿ってくれません。
    そのようなときは思いきって縫い直しましょう。
  • 27
    しつけをかけたら、バイアス布をコバステッチで身頃に縫い付けます。
  • 28
    最後に、しつけをはずして仕上げアイロンをかけたらフラットカラーの完成です。
  • 29
    -
  • 30
    コバステッチの他に、手まつりで仕上げる方法もあります。
    手まつりだと表にミシンステッチが出ないので、縫い目を目立たせたくない時におすすめです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

nutteの公式サイトmamettoにはプロの縫製職人が監修の縫い方の基本動画や、型紙等コンテンツが盛りだくさん。ぜひ見に来てくださいね!
サイトはコチラ ▶ http://mametto.nutte.jp/

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

nutteさんの人気作品

「フラットカラーの縫い方」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.