ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

【重要】セキュリティ強化に伴うTLS1.2への切替を10月2日(火)に実施いたします。

ミシンで作る✽ミニポーチ作り方

お気に入りに保存 70人

投稿者: jms

ミシンで作る✽ミニポーチ作り方の作り方
ミシンで作る✽ミニポーチ作り方の作り方

このハンドメイド作品について

金具を付けてカバンに下げたり、キーケースの様に使ったり出来る、小さいけれど使い勝手の良いミニサイズのポーチです。

出来上がりサイズ【縦約7.5cm×横約11cm】(タブは含まず)
同じサイズのポーチをminneで販売しています。https://minne.com/@ibitu
色々な生地で制作していますので、参考にしてくださいね!

レシピの画像にはまち針が出てきませんが
しっかりとまち針で押さえて作って下さいね。

材料

  • 生地(表地・裏地・タブ)
    適量
  • 接着芯
    適量
  • ファスナー
    10cm

道具

  • ミシン【ファスナー押さえが必要です】
  • アイロン・アイロン台
  • 裁縫道具一式
  • あて布【アイロンをかける時に使用します】

作り方動画

ミシンで作る!!ミニポーチ作り方~ファスナー10cm~ (j ms)

作り方

  • 1
    表地とタブにアイロンで接着芯を貼ります。
     
    アイロンをあてるときは、必ずあて布をします。
  • 2
    型紙を写します。

    縫い代を残して生地を断ちます。

  • 3
    次にファスナーを用意します。

    三角に折り・・・
  • 4
    縫いとめます。
  • 5
    4ヶ所同じように処理します。
  • 6
    ファスナーの中心に、印をつけます。

    これで、ファスナーの準備は出来上がりました。
  • 7
    まず表地を重ねて、端から2~3㎜のところを縫います。

    ※押さえを、ファスナー押さえに変更して縫っていきます。
  • 8
    次は、裏地を仕上がり線に沿って縫い付けます。

    裏地をこのように重ねて縫うのですが、ファスナーの金具がじゃまになって縫いにくいので、次の9~11で説明していきます。
  • 9
    ファスナーを半分以上開けます。
    裏地を裏返して重ね、金具の持ち手の手前まで縫います。

    (解説の為ファスナーがみえますが実際は裏地を重ねるので見えません)
  • 10
    針を落としたまま、押さえを上げ、持ち手の金具を移動させます。

  • 11
    押さえを下げて、最後まで縫います。
  • 12
    この画像は、11と同じ状態で、縫い上がったところです。
  • 13
    めくります。
  • 14
    しっかりと折り目をアイロンでつけます。

    (テカリ防止の為にあて布をしてください。)
  • 15
    端から2㎜のところにステッチをかけます。

    (ステッチが曲がってしまったら、ほどいてやり直しましょう。)
  • 16
    もう片方のファスナーを付けます。

    端から2~3㎜のところを縫います。
    ※こちらも金具が邪魔して縫いにくいので、9~11と同じように金具をずらしながら縫います。
  • 17
    縫い上がったところです。
  • 18
    裏地をこのように重ねます。
  • 19
    仕上がり線に沿って縫います。

    ※こちらも金具が邪魔して縫いにくいので、9~11と同じように金具をずらしながら縫います。
  • 20
    表に返します。

    14・15と同じように、アイロンで折り目を付け、ステッチをかけます。
  • 21
    タブを作ります。

    ※ここから、押さえを通常のものに戻します。
  • 22
    折り目をアイロンで付けます。
  • 23
    半分に折り、縫います。
  • 24
    反対側にステッチをかけます。
  • 25
    半分に折り、縫います。

    これで、タブは出来上がりです。
  • 26
    ポーチ本体に戻ります。

    返し口を残して、縫い合わせます。 

  • 27
    表地から縫っていきます。

    端がずれると、キレイに仕上がらないので、しっかりと合せていきます。
     
  • 28
    27を縫ったところです。


    (タブは、こちら側と反対側の表地に挟んで付けます。)
  • 29
    こちらは、28と反対側です。

    しっかりと端を合せます。

    ※こちら側にタブを付けます。
  • 30
    タブを挟んで縫い上げたところです。

    タブのところは、特にしっかりと縫い付けます。

  • 31
    表地側2辺が縫い終わったら、次は裏地側2辺です。

    返し口を残して、縫います。
  • 32
    キレイに角を出すために、処理します。

    端をカットします。

    これを返し口のある箇所以外の3ヶ所にします。
  • 33
    アイロンで折ります。

    返し口の所もアイロンで折り目を付けます。
  • 34
    返し口から、表に返します。

    角をしっかり出して整えます。
  • 35
    返し口を閉じます。
  • 36
    シワ等をアイロンで整え完成です!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

アイロンを使ってしっかりと折り曲げると、仕上りが綺麗です。
面倒な様でも、あて布をしてアイロンを使用してください。
生地によっては、テカリが出てしまいます。
接着芯を貼る時もしっかり、あて布をしてください。
ノリがついていますので、接着芯に使うあて布と、表に出る生地に使うあて布は分けて下さい。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

jmsさんの人気作品

「ポーチ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.