ログイン(エキサイトID)新規登録

蝶の刺繍ブローチ(民族刺繍風)

お気に入りに保存 0人

投稿者: トコリ*トコリ

蝶の刺繍ブローチ(民族刺繍風)の作り方

このハンドメイド作品について

数年間 苗族の女性から苗族刺繍を習ったものの、やはりデザインや色彩配色は自身では難しい。ですが、せっかく習ったものを忘れないように、下絵も自分で描き仕上げました。

材料

  • ブロード生地(濃紺色)
    5cm角
  • フエルト(黒)
    直径3.5cm
  • 刺繍糸(綿or絹)
    適量
  • ブローチピン
  • プラスチック製包みボタン
    直径3.5cm 1
  • 金色の刺繍糸
    適量
  • 白糸
    適量
  • 黒糸
    適量

道具

  • 金色か銀色のボールペン

作り方

  • 1
    5cm角の生地の中心に、直径3cm以内のサイズで 刺繍の下絵を描く。
    正面からの図を描く場合は太く左右対称に。正面以外の方向から描く場合は手前の方を大きく描くと雰囲気が出ます。
  • 2
    綿の刺繍糸は#25、1本取り。
    羽の部分は サテンステッチで刺します。
  • 3
    大きな羽の方にだけ、アウトラインステッチを施します(刺繍糸は#25、2本取り)。

    体はバリオンステッチ。
    針に16回巻きました。
  • 4
    金色の刺繍糸と白い糸で、羽の周囲にコーチングステッチを施す。
    触覚も刺す。
  • 5
    刺しあがったら、刺繍の周囲を(直径4.3ぐらいの)丸くぐし縫いし、プラスチックの包みボタンを中に入れ糸を引きしぼる
    。糸や布が緩まないように、対角線上に糸を引き絞りながら刺す。
  • 6
    フエルトにブローチピンを縫い止めて、5の包みボタンの裏の縁とフエルトをブランケットステッチで縫い止め、
  • 7
    出来上がり。
    左が綿刺繍糸、右が絹刺繍糸で刺したもの。
  • 8
    6でブローチピンを付けず、中に強力マグネットを入れてフエルト(または布)で閉じると、刺繍のマグネットができます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

少数民族の独特の絵はなかなか難しいですが、正面からの図を描く場合は太く左右対称に。正面以外の方向から描く場合は手前の方を大きく描くと雰囲気が出るように感じます。
配色は、エスニックな印象を目指すとそれっぽくなります(刺繍をされる苗族の女性から直接教わったアドバイスです)。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

トコリ*トコリさんの人気作品

  • タオルキャップ 1
  • 刺繍ブローチ 2
  • キャンディー型巾着 3
  • マチ付き移動2ポケット 4
  • リバーシブルブックカバー 5

関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



ピックアップ

最新情報を
SNSでも配信中♪

twitter

ピックアップ

ハンドメイドで冬を彩るレシピ投稿コンテスト
手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.