ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ニット生地を使ったがま口ポシェット

お気に入りに保存 9人

投稿者: CHOKOTTO

ニット生地を使ったがま口ポシェットの作り方

このハンドメイド作品について

ニットのがま口は鈎針編みのものが多いので、編み込み柄のニットを使って、大きめのがま口でポシェットを作ってみました。
CHOKOTTO編地を使えば、編地の裁断はいりません。

↓使っている編み地はこちら↓
カウチン柄
http://chokotto-knit.com/?pid=110274366

材料

  • ニット生地 CHOKOTTO「カウチン柄」
    29cmx42cm
  • 裏布(綿)
    29cmx42cm
  • 21.5cmの口金
    1個
  • がま口とセットになっている紙紐
    36cmくらいx2本

道具

  • 手芸用ボンド
  • ボンドを伸ばすヘラ
  • 目打ち
  • ペンチ

作り方

  • 1
    表地、裏地それぞれ、上端から7cmを残し脇を縫って袋状にします。
  • 2
    縫ったところは割りアイロンをかけます。
    袋の底から4cmのところに印をつけます。
  • 3
    角を開くように、合印をあわせてピンで止めます。
  • 4
    角から4cmのところに、縫い目に対して直角に線を入れます。
  • 5
    線を引いたところを縫います。
  • 6
    ひっくり返します。
  • 7
    表地と裏地を重ねます。
  • 8
    縫い残した7cmのところで、表地と裏地を縫い合わせます。
  • 9
    表に返します。
  • 10
    端から5mmのところを縫って、表地と裏地を止めます。
    端から7mmのところにギャザーを寄せるための粗ミシンを入れます。
  • 11
    口金の寸法に合わせてギャザーを寄せます。
  • 12
    口金の溝にボンドを塗り、ギャザーミシンのあたりで折りながら、角から生地を押し込みます。
  • 13
    折りながら入れていくのがオススメです。
  • 14
    表からミシン目が出ていないか確認し、もし、出ていたら目打ちで押し込みます。
  • 15
    紙紐を中心から入れていきます。
  • 16
    金具の端にあて布をして、ペンチでかしめます
  • 17
    がま口ポシェットの完成です。
    もち手をつけることができるタイプの金具を使うと、ショルダーバッグにもなります。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

編み地の厚みによっては、織り込みながら金具に入れるのはやめたほうがいいかもしれません。その場合は、ギャザーミシンを金具の中に隠れる部分に入れてください。
ニットは伸びるので、ものを入れても伸びないように、裏地に布をつかってください。

詳しい作り方はブログで紹介しています。
https://chokotto.storeinfo.jp

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

CHOKOTTOさんの人気作品

「がま口」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.