ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

パンダ君のホッカイロ入れ

お気に入りに保存 1人

投稿者: ideals

パンダ君のホッカイロ入れの作り方

このハンドメイド作品について

真冬のお出かけに同行する、ホッカイロの入れ物を作りました。(写真は、ホッカイロが入っている状態です。)

材料

  • 毛糸(白)
    適量
  • 毛糸(色つき)
    適量
  • 糸(黒)30番4本どり
    適量
  • 大きめのビーズ(黒)
    2こ
  • 適量

道具

  • 棒針 8号
  • 棒針 10号
  • かぎ針 4号
  • タティングシャトル

作り方

  • 1
    白い毛糸でメリヤス編みを試しに編み、ゲージをとります。10cm四方の中に9目、12段でしたので、1目は幅1.1cm、高さ約0.8cmです。
  • 2
    縦0.8cm、横1.1cm、のマス目を方眼紙のようにかきます。
  • 3
    ホッカイロ(小)か入る大きさで、型紙を作ります。
  • 4
    3の型紙を2の上に置きます。
  • 5
    型紙のまわりを写します。
  • 6
    なるべく型紙の線に沿うようにマス目の外線を囲い、編み図を作ります。
  • 7
    6を見ながら、前側を編みます。ここでは作り目を0段とし、1段目は裏目からになります。
  • 8
    後ろ側の編み図を作ります。
    ホッカイロ入れ口を作るため、上部と下部の2種類になります。
  • 9
    上部と下部をそれぞれ編みます。下部は毛糸のパンツをはいている感じにするため、別毛糸(10号針)で編みました。
  • 10
    手を2つ作ります。
    黒糸で輪を作り、鎖2で立ち上がり、中長編み14目を編みます。糸端の始末をします。
  • 11
    足を2つ作ります。
    黒糸で輪を作り、鎖3で立ち上がり、長編み16目を編みます。糸端の始末をします。
  • 12
    耳を2つ作ります。
    黒糸で輪を作り、鎖3で立ち上がり、長編み12目を編みます。糸端の始末をします。
  • 13
    目の周りを2つ作ります。
    タティングのリング編みで18目編みます。糸端はそのままにしておきます。
  • 14
    鼻を作ります。
    タティングのリング編みで、3目編みます。糸端はそのままにしておきます。
  • 15
    顔を作ります。
    7の表側に黒ビーズで目を縫い付け、13の目の周りの糸端を裏側に針で通し結びます。
    14の鼻も同様にします。
  • 16
    15に、写真のように、耳、手、足を糸で固定します。
  • 17
    16の上に、糸端を始末した9の下部を中表に重ね、重ねた2枚を端から端まで、周りのきわ すれすれの所を返し縫いで縫います。
  • 18
    17の上に糸端を始末した9の上部を中表に重ね、端から端まで周りのきわ すれすれの所を返し縫いで縫います。
  • 19
    18をホッカイロ入れ口からひっくり返し、形を整えます。
  • 20
    お好みで、しっぽを縫い付けます。
  • 21
    目の周りは、1カ所留めてあるだけなので 可動です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ちょっと手間ですが、ゲージをとって 紙に編み目のマス目をかき、編み図を作ると編みやすいです。私の場合、実は、1段編む毎に編み図の段をうっすらと鉛筆でぬって、確かめながら編み進めています。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

idealsさんの人気作品

「ホッカイロ入れ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.