ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

フェルト化させたウール製品から作ったルームシューズ

お気に入りに保存 1人

投稿者: ideals

フェルト化させたウール製品から作ったルームシューズの作り方

このハンドメイド作品について

箪笥の中で、実に長い間 出番を待っていたカーディガン(ウール90%、ナイロン10%)を10回洗濯してフェルト化させ、ルームシューズ(女性用)を作りました。

材料

  • もはや着れなくなった ウール、あるいはほぼウール製品
    適量
  • 適量
  • 紙(型紙用)
    適量

道具

  • はさみ

作り方

  • 1
    ウール製品を、フェルト化するまで洗濯を繰り返します。(本作品では着丈62cmのウールカーディガンが1日目61cm 、3日目59cm 、5日目57cm 、7日目54cm...
  • 2
    8日目53cm、9日目53cm、10日目53cm、と縮み、フェルト化されたと考えました。)
  • 3
    フェルト化した製品を縫い目に沿って切り離し パーツにして アイロンで整えます。
  • 4
    縦20cm、横30cmの長方形の中に写真の寸法通りに 赤線を引き、その線を基に靴下型になるように 型紙を作ります。
  • 5
    型紙を3のパーツに 外表でわが作れる場合は、型紙の底の部分にフェルトのわを合わせて置きます。
  • 6
    5 を待ち針で固定し、型紙の外線に沿ってフェルトを切ります。(縫い代はつけません)
  • 7
    わが作れない場合は、外表の2枚重ねにして 同じく型紙の外線に沿ってフェルトを切ります。(縫い代はつけません)
  • 8
    フェルトの表を上にして、あき止りから縫います。(本作品は、30番2本どりです)
    縫い方は、9〜14の通りです。(ステッチ名はわかりませんが、ベースボールステッチの一種かと思います)
  • 9
    布を表にして並べ、1の下から上に針をだす。(写真では紙を使っています)
  • 10
    並べた布の境目から針を入れ 2の下から上に針を出す。
  • 11
    縫い始めは、9〜10を数回繰り返し 丈夫にしておく。
    そして 並べた布の境目から針を入れ 3の下から針を出す。
  • 12
    同様に 4の下から上に針を出す。
  • 13
    同様に 5の下から上に針を出す。
  • 14
    12〜13 を繰り返し、縫い終わりは 縫い始め同様、数回繰り返して縫い、丈夫にする。
  • 15
    途中で糸が終わったら 玉結びをし、少し離れたところに針を出し、玉結びがフェルトの中に隠れるように糸を引いてから切ると、見た目がきれいになります。
  • 16
    ルームシューズのまわりを縫い合わせ、靴下型のものを2つ作ります。
  • 17
    立体にします。(1回履いてみると、立体にしやすいです。)
    あき止りで折り返しました。
    (Topの出来あがり写真は、折り返していません。)

このハンドメイド作品を作るときのコツ

フェルト化させるのに時間がかかりますが、底の型紙は作らず、そしてフェルトの特性を活かし 縫い代はつけず、簡単にできるルームシューズを考えました。履いているうちに、より馴染んでくると思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

idealsさんの人気作品

「第4回作品投稿コンテスト」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.