ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

RNAジーンズリメイクボストンバッグ

お気に入りに保存 4人

投稿者: zenmaizamurai2

RNAジーンズリメイクボストンバッグの作り方

このハンドメイド作品について

RNAのワッペン・刺繍つきジーンズをそのままボストン型?バッグにしてみました。右側のは持ち手をベルトにしたり、別のジーンズから端切れを縫いつけたりしています。

材料

  • ワッペンつきジーンズ
    1本
  • 裏地用布
    40cm
  • 接着芯
    1m位
  • 持ち手紐(ベルト)
    1本
  • 底用芯
    厚紙やPPシート

作り方

  • 1
    ジーンズを太もも上部位で切断し、前部分とお尻部分の糸をときます(ベルト布の少し下から腿まで。ファスナーも外します。)ボタン部分も表から見えない位置で切ります。布に接着芯を付けます。
  • 2
    といたら布を中心の方に寄せて重ね合わせて、平たんになるようにします。ボストン型でマチを広くとるのですそひろがりで大丈夫です。重なって後ろになった布は仮止め後不要部分を切り取ります。
  • 3
    布を縫い合わせます。裾も中表で直線に縫います。裾の両端を裏からマチをお好みの幅でとり、中表で縫います。完成写真右は10cm、左は7cmでとっています。芯を切って底に入れます。
  • 4
    前面のポケットは使いたい場合はそのままでいいですが、だらんとなってしまうので、私はポケットと前面布を縫い合わせてしまっています。
  • 5
    裏地をバッグの大きさに合わせて中表で三辺及びマチを縫い、上部は縫いしろを曲げて、本体内部に1周縫いつけます。この時、ベルト通し下を1度外して、縫った方がきれいな仕上がりになります。
  • 6
    ボタン部分をボタン穴と合う位置に縫います。
  • 7
    持ち手は、100円均一の取っ手の布地を外して、中の芯に同じジーンズ生地を巻いて緩くならない様に引っ張りながらミシンで縫います。(あまり硬いジーンズではこの縫い方はかなり大変です。)
  • 8
    持ち手は生地を10cm位、芯より長くし、縫い代を折り曲げてバッグに縫いつけます。持ち手は重量に耐えれるように縫います。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ボタンを縫いつけてバッグを閉じるようにしましたが、ファスナーやバッグ金具を使ってもいいと思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

zenmaizamurai2さんの人気作品


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.