ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

【重要】セキュリティ強化に伴うTLS1.2への切替を10月2日(火)に実施いたします。

簡単! お花みたいなポンポンリボンのヘアゴム

お気に入りに保存 137人

投稿者: korima.

簡単! お花みたいなポンポンリボンのヘアゴムの作り方

このハンドメイド作品について

幼稚園のバザーの出品用に考えたレシピです。
なみ縫いするだけで、簡単にポンポンが出来上がります。
リボンの太さや長さ、種類を変えれば色々できるのでぜひお試しください!
お勧めはオーガンジーなどの柔らかい素材のリボンです。

材料

  • リボン(オーガンジーやサテンなど)
    50cm以上
  • ヘアゴム(ビーズを付ける場合は細めのもの)
    20cmぐらい
  • ビーズ(穴にヘアゴムが入る大き目のもの)※なくてもOK!
    1個

作り方

  • 1
    リボンを50cm(お好みで長くしてもOK)に切り、端をライターの青い炎のところで素早く軽くあぶり、ほつれ止めをします。
    ※やけどに注意!
  • 2
    糸を二本取りにして、端は図のように長めに輪を作って仮結びをし、後でほどけるようにしておきます。
  • 3
    リボンの中心のラインをなみ縫いします。
    図のように少しづつ絞りながら縫うとやりやすいです。
  • 4
    最後まで縫って糸を引っ張るとこんな感じになります。
  • 5
    針側の糸を長めに残して切り、最初の仮結びをほどきます。
    最初と最後の糸4本を合わせて、ポンポンの根元で2~3回ぎゅっぎゅっとねじります。
  • 6
    ねじった糸を玉結びします。
    このとき、しっかり根元を押さえて緩まないようにします。
  • 7
    念のため、もう一度同じところを玉結びします。余分な糸は切ります。
  • 8
    ゴムにビーズを通します。
    (ビーズを入れない場合は飛ばして次の工程へ!)
    あらかじめゴムの端をライターの青い炎のところで軽くあぶって固めると、通りやすくなります。
    ※やけどに注意!
  • 9
    玉結びした糸とリボンの間にゴムを通します。
  • 10
    ゴムをしっかりと玉結びします。余ったゴム端はカットします。
    ★追記→玉結びよりも本結びにした方が、ゴムの結び目が目立たずにきれいに仕上がります。
  • 11
    玉結びの方を開いてビーズをくぐらせます。
  • 12
    ビーズ側を引っ張り、結び目がリボンの裏に来るようにします。
  • 13
    リボンの形を整えて完成です!
  • 14
    リボンの長さ90㎝で作りました。
  • 15
    キラキラリボンで作りました。
  • 16
    幼稚園のママたちで作りました!
    リボンは全て100均のものです。
  • 17
    リボン幅が2㎝と狭かったので、端を少し重ねて4㎝弱の幅にした状態でなみ縫いしました。15㎝づつ交互に色を変えてみました。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

★リボンの真ん中(縫ったところ)が割れてしまう場合は、なみ縫いの際に少しづつ絞りながらねじっていって、クシュクシュっとなるように形作っていくと良いと思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

korima.さんの人気作品

「リボン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.