ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

1/12大型ドールハウス

お気に入りに保存 2人

投稿者: one-sixth

1/12大型ドールハウスの作り方

このハンドメイド作品について

オーナーさまからのご依頼を受け、約6ヶ月ほど費やして製作したドールハウスです。
その間に病で入院、2ヶ月ほどブランクがありましたが、病床でもドールハウスのことを片時も忘れることはありませんでした。
退院約1ヶ月後に完成。出来上がったドールハウスの照明を入れると、温もり感のある明かりが灯り、その夜は一睡もすることなく、ドールハウスとともに過ごしました。
オーナーさまにお届けする日は、涙が溢れてしまいました。ドールハウス創作の喜びをいただいたオーナー様に心から感謝します。ありがとうございました。

材料

  • 木材ほか
    多数

作り方

  • 1
    図面を作成、材料を手配、国内で入手困難もあり海外から輸入。木材を削り、紙ヤスリで仕上げ。全て手作業で電動工具は不使用。照明は12V、6V、3V用に100Vから降圧回路を設計製作。
  • 2
    木材を一つ一つナイフで削り、紙ヤスリで丹念にこすって仕上げました。
    全て手作業で電動工具は使用していません。
  • 3
    塗装や壁クロスなどの使用材は、入手のための仕入先巡りにかなり日数が掛かってしまいました。
    同じものを大量に製作する訳ではないので、入手可能な販売元を探すのもドルハ創作の一環です。
  • 4
    照明は定格電圧が12V、6V、3Vと異なるため、一般用100Vから取れるよう降圧回路を設計・製作。使用中に弱熱が発生しますので電源部は冷却構造に。安全のためにヒューズも取付。
  • 5
    仕上げ塗装や仕上げ材の組み込みも全て手作業です。
    失敗すると、ベース材の加工からやり直しします。
  • 6
    最後に、ドアや窓の可動部の動き具合、照明の点灯などを何度もチェックして完成します。
    ここでうまく可動・点灯しない場合は、組み込み前に戻って再製作します。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

時間をかけてコツコツ製作することが肝要です。うまく行かなくなった場合は、最初に戻って作り直すことが早道です。何とかならないかと、部分直しをするとかえって手間隙を掛けることになります。
こちらで完成画像も見られます。→http://onesixth.cart.fc2.com/ca4/50/p-r-s/

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

one-sixthさんの人気作品

「ドールハウス」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.