ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

給食帽(二色使い)

お気に入りに保存 3人

投稿者: witchcrafter

給食帽(二色使い)の作り方

このハンドメイド作品について

スモックは市販の型紙で作りましたが、帽子はネットの手作りブログなどを参考にしながら、我が子に合うサイズを模索して試行錯誤しました。
給食帽の作り方には主に3通りあります。一つは大きな円の縁にゴムを通すだけ。二つ目は小さめの円とドーナツ型の円を縫い合わせるタイプ。三つ目は、小さめの円と細長い長方形の布を縫い合わせるタイプです。このレシピは三つ目のタイプです。二色使いにしたかったのと、残り生地の有効活用を考えてこのパターンを選びました。
頭の大きさに合わせた寸法の割り出し方も載せてます。

材料

  • 下半分生地
    90cm x 10cm
  • 上半分生地
    30cm x 30cm
  • ゴム
    1mくらい

道具

  • コンパス

作り方

  • 1
    頭頂部の円形の縁と縫い代をコンパスで描き、布を裁つ。まず中心点をマークしてから二つ円を描くようにするとよい。
  • 2
    帽子の下半分に使う生地に印を付けて裁つ。
  • 3
    下半分の細長い布の左右の端を、1cmの縫い代を残して縫い合わせる。
    縫い合わせた縁はジグザグミシンなどで始末する。
  • 4
    ゴムを通す部分を縫う。まず5mmくらい織り込んでアイロンを当てる。さらに2cm織り込んでアイロン。織り込み部をマチ針で固定し、内側の端から2mmくらいのところをミシンがけする。
  • 5
    頭頂部の円形生地と筒型にした下部分の生地を縫い合わせる。まず2枚の縁を中表に合わせてマチ針で留める。対角線上に針を打っていけば一カ所に余ることはないでしょう。
  • 6
    マチ針を打ったところをミシンで縫う。縫った後に縫い代を2枚合わせてジグザグミシン等で始末する。
  • 7
    ゴムを通して出来上がり。帽子を平べったく広げた時に、2枚合わせの縫い目がちょうど一番外側にくるような緩さにゴムを入れるとちょうどよいはず。あとは試着してゴムのきつさを調節する。
  • 8
    スモックはジャノメのフィットパターンSunの商品No.:5091の型紙を使って作りました。巾着袋は余った生地で、横22cmx縦30cmサイズで作りました。
  • 9
    以降、サイズの決め方です。
    ①3〜5歳の子の頭囲は50cm前後。②円周が50cmの円の直径は、50cm / 3.14 = 15.92cm。でもゴムで少し縮めるから15cmと仮定。
  • 10
    頭囲から帽子の縁までの幅をどれくらい取るかは好みですが、私は6.5cmにしました。これを元に頭頂部の円の直径を出すと、6.5cm x 2 + 15cm = 28cmとなります。
  • 11
    ⑤直径28cmの円周は28cm x 3.14 = 87.92cm。ほぼ88cmとなり、帽子下半分の細長い布が88cm(+縫い代)必要になります。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

作成後にこの手順でやればよかったな、というものをまとめたメモなので、現実的にはうまくいかない点があるかもしれませんがご了承ください。
出来上がりが少し大きめだったら、円周の縫い目の少し内側(5mmくらいまで)を縫い直して微調整できます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.