ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

お箸ケースのケース 細長巾着 扇子入れにも

お気に入りに保存 21人

投稿者: noniwajpn

お箸ケースのケース 細長巾着 扇子入れにもの作り方

このハンドメイド作品について

マイ箸ブームですが、お箸ケースにお箸を入れたい場合もあるのでは?と思い、ケースが入る袋を作ってみました。
こちらの袋に入れているお箸ケースは、約19×2.8×1.5cm です。

画像を別の作品で追加したので、ところどころ生地が違うところがあります。

材料

  • 表布 
    23×12cm 1マイ
  • 裏布
    23×12cm 1マイ
  • 必要な場合は接着芯(薄)
    23×12cm 1マイ
  • 口布
    5×11cm 1マイ
  • 20cm
  • ウッドビーズなど
    1つ

作り方

  • 1
    口布の左右を、1cm折り、アイロンをかけておきます。
  • 2
    口布両端を縫います
  • 3
    口布を、外表に、半分に折り、アイロンをかけます。
  • 4
    表布の表側の端に、口布を仮縫いします。
  • 5
    表布の、端の、ちょうど、真ん中に口布がある状態です。
  • 6
    その上に、裏布を中表に重ね、縫い付けます。
    端っこ8mmくらいは、縫わないでおきます。
    (重ねた時に、縫い代を割利安くするためと、ひっくり返す時、角を落とせるようにです。)
  • 7
    縫い代は、アイロンで、割っておきます。
    そして、割ったところを、上からミシンで仮縫いします。
    縫い代が、完全に割れた状態を維持するためです。
  • 8
    中表に、折ります。細長い状態になります。
  • 9
    裏布(中表の状態)が上に来るように、折りたたみます。表布は、下にあります。

    裏布に、返し口を残して、出来上がり線に線を引きます。後で、線に沿って、ミシンを縫います。
  • 10
    裏布をめくると、表布(中表の状態)が出てきます。

    裏布の、返し口部分(裏布に、線を引いてない部分)のみ、表布に線を引きます。

    後で、線に沿って、ミシンをかけます。
  • 11
    いよいよ、ミシンをかけます。
  • 12
    重なっているので、慎重に縫い始めます。
  • 13
    返し口の手前まで、縫いました。
  • 14
    いったん、生地をミシンから、はずします。
  • 15
    めくって、表布の、線を引いたところを縫います。
  • 16
    線をひいたところだけ、縫い終わりました。
  • 17
    もう一度、裏布を戻して、重ねて、返し口を残して、縫います!
  • 18
    もたつかないように、角の3箇所を、少し切っておきます。
    口部分の輪になっている方は、切りません。
  • 19
    縫い代は、割っておきます。
  • 20
    返し口から、ひっくりかえしたところ。
    私は手縫いで閉じてます。
    コの字はぎで閉じました。

    そして、表布を外側に出したら、できあがりです!
  • 21
    返し口からかえして、できあがり。紐は、江戸打ちひも、ウッドビーズを使いました。
  • 22
    ウッドビーズに少しささくれがあったので、
  • 23
    紙やすり サンドペーパーを、紐にセロハンテープでくっつけたものを穴に通して、ゴシゴシしました。
    すると、なめらかになりました。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

表布が薄い生地には、接着芯を貼りました。
重ねて縫うと、生地の厚みがあるのでちょっと大変ですが、出来上がったときに、表布と裏布が一体化しているので、ずれないという利点があります。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

noniwajpnさんの人気作品


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.