ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ちょうちょとハートのレインボールームブレス

お気に入りに保存 10人

投稿者: pnopno

ちょうちょとハートのレインボールームブレスの作り方

このハンドメイド作品について

編み機が無くても作れます。
英語のサイト「LoomLove」さんのハートのブレスレットの作り方を元に、ハートとちょうちょの連なるモチーフのブレスレットを作りました。
2本のピンがあれば作れますので、Y字リリヤンやサラダサーバーのフォークなどでも作れます。


元の「loomLove」さんのハートのブレスの編み方の動画リンクなど、下のブログに載せています。
by pno(http://d.hatena.ne.jp/pno2/20141027/1414383632)

材料

  • ルームバンド用の輪ゴム
    40本位

作り方

  • 1
    色違いの作品の写真です。
  • 2
    水色の4枚羽根のちょうちょと、オレンジのハートが連なるデザインです。
  • 3
    編み機には、このような形にしたゴムを順番にかけてゆき、編んでいきます。
  • 4
    まず、ハートにしたい色(ここではオレンジ)を両端にした、手順3の形にしたゴムを、編み機にかけます。

    編んでいる間だけ、中央を黄色のゴムで写真のように縛っておきます。
  • 5
    手順3の形のゴムの、両端をちょうちょの羽根の色にしたものを、2セット続けて編み機にかけます。
  • 6
    一番下にかかっていたオレンジのゴムを、2組の青いゴムの上を通り越して、上に持ってきます。

    写真のようになります。

    かぎ針、専用フックなどを使って引っかけていってください。
  • 7
    つぎに、また、ハートの色を両端にしたゴムを一組、編み機にかけます。

    写真のようになります。
  • 8
    編み機の一番下にかけてあった水色のゴムを、その上の2組の上を通りこして、編み機から外し上に持ってきます。

    写真のようになります。
  • 9
    さらに8と同様に、新たに一番下になった水色のゴムを、上のオレンジのゴムを通り越して、編み機から外し上に持ってきます。

    写真のようになります。
  • 10
    編み機にかかっているオレンジのゴムを少し下げおろして、新しく、ちょうちょの羽根の色のゴム2組編み機にかけます。
  • 11
    あとは、手順6から10までを、繰り返して、お好きな長さまで編みます。

    今回は、ハートが4つ、ちょうちょが3つできるまで編みます。
  • 12
    編みあがったら針から外します。

    ここからは、手首の長さになるまで、簡単な鎖の形にゴムをつないでいきます。
  • 13
    モチーフの、上にも、下にも、簡単な鎖をつなげ足しました。

    手首の長さになったら、丸カンや専用クリップで輪にして、部rスレットの完成です!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

子供でもできる、とっても簡単な編み方です。
色選びを工夫して、お気に入りのブレスレットに仕上げましょう!

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

pnopnoさんの人気作品

「レインボールーム」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.