ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

くるみボタンdeブレスレット

お気に入りに保存 29人

投稿者: ちりん屋

くるみボタンdeブレスレットの作り方

このハンドメイド作品について

くるみボタンをバラ〜バラ〜と並べてみれば、
おお、これはブレスレットになるかも!
ということで、早速作ってみました。

やったことないけれど、革工芸品造り?みたいな感じかも??

材料

  • くるみボタン制作キット(15ミリ)
    お好みの数
  • お好みの布地
    適宜
  • ボタンが通る紐
    適宜
  • 針と糸
    適宜

作り方

  • 1
    まず、くるみボタンを作ります。

    今回私は15ミリサイズを12個ほどで作りましたが、ボタンのサイズによって紐の太さとか個数が変わるので、手持ちのものなどで工夫してみて下さい。
  • 2
    注)くるみボタンは、
    型紙のカットの仕方で、
    柄物などは色目が大きく変わりますし、
    また、足の付け方でも、紐に通したときの配色などが変化します。
  • 3
    余分にボタンを作っておいて、出来上がりに並べてみて、いい感じになるようにしましょう。

    今回はこれがとても楽しい作業でしたよ。
  • 4
    くるみボタンを作ったら、
    足に紐を通して数珠つなぎにします。

    お好みのサイズ分、ボタンを通します。
  • 5
    出来上がりサイズの2.5倍程の紐を輪にして、
    4で作った紐を挟むように、
    先端に輪の部分を突き出す様に置きます。
  • 6
    くるみボタンの足の両端の3本の紐の真ん中を突き通すように針を通し、糸でくくります。

    1個1個、紐の中に針を通して、ボタンの足の両端を縛っていきます。
  • 7
    最後はしっかり止めて、糸を切り、
    ボタンの内側にはまるように紐をカット。

    このままでもいいのですが、足の金属部分が肌に当たるので、共布かリボンなどで当て布をつけます。
  • 8
    出来上がり。

    私は、
    15ミリのくるみボタン12個で丁度いいサイズでしたが、お好みで大きさを変えてください。
  • 9
    フリーサイズにする場合は、
    真ん中の紐だけ長くします。

    写真のものは、15ミリと12ミリのくるみボタンを組み合わせて作っています。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

くるみボタンは、布のカットの仕方と、足のはめ様で、柄物の場合、印象がかなり変わります。

たくさん作って、並べながら、あーだこーだと考えてみて下さい(笑)

また紐を糸で縛っていく作業は、通常のお裁縫というよりは、細工仕事って感じがして、結構はまりました。
今回私が使った紐は多分ワックスコードという紐だと思いますが、少しつやがあるけれど針も通すのでいい感じだと思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

ちりん屋さんの人気作品

「くるみボタン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.