ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

紙コップとスパンコールの3時時計

お気に入りに保存 3人

投稿者: pnopno

紙コップとスパンコールの3時時計の作り方

このハンドメイド作品について

紙コップで作る腕時計のおもちゃです。
幼稚園のバザーなど用に、シンプルで低価格、できるだけ可愛い物が出来ないかと考えて作りました。

下のブログに、量産した他のデザインも載せています。宜しければ御覧ください。
by pno(http://d.hatena.ne.jp/pno2/20140411/1397224028

材料

  • 紙コップ
    1個
  • 輪ゴム
    1本
  • 大きいスパンコール
    1つ
  • Tピン
    1本
  • 厚紙
    適量
  • パールのアクリル絵の具
    お好みで
  • 数字のシール
    適量

作り方

  • 1
    腕時計の形に切った紙コップと、端っこを少し結んで短くした輪ゴムを用意します。
  • 2
    横から見た写真です。

    このようにゴムを付けて、紙コップの端を折ってセロテープで留めます。

    テープは1周半くらいぐるっと貼って下さい。
  • 3
    腕時計の文字盤になる丸い部分に、アクリル絵の具で色を塗って下さい。

    写真ではパールの白にしましたが、塗らなくても十分可愛い物ができあがりますのでお好みで。
  • 4
    紙コップの中心と、大きめのスパンコールと、時計の針の形に切った2本の厚紙に、目打ちや針などで小さい穴を開けて、Tピンを通します。

    穴は小さめに。時計の針がゆるくなります。

  • 5
    Tピンは裏で曲げて留め、うまいこと、時計の針が緩くならないように締めて下さい。

    針金の先が危険にならないように、セロテープを上から貼っておきます。
  • 6
    文字盤の3時の位置に、3の数字シールを貼ります。

    写真のは、mtのマスキングテープを使いました。

    数字はバランスの良い場所に、どの数字でも。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

時計の真ん中の穴は、型紙を作るなどしてちゃんと中心をとってください。
腕時計のゴムを留めるセロテープは、ぐるっと1周半以上貼ってください。(紙コップの耐水性でテープがはがれやすいです)
Tピンを裏で曲げるときは、出来上がりがぐらつかないように、表から硬いもので押さえながら、がんばっていい感じに曲げて下さい。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

pnopnoさんの人気作品

「紙コップ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.