ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

フェーヴのためのディスプレイ・ボックス

お気に入りに保存 24人

投稿者: lecahierbleu

フェーヴのためのディスプレイ・ボックスの作り方

このハンドメイド作品について

フェーヴは1個だけ飾っても可愛いですが、2個並べるとそこに小さな世界が生まれ、イマジネーションが広がるような気がします。今回はフェーヴ2個を並べて飾れるディスプレイ・ボックスを作ってみました。ポンと置いておいてもいいし、壁にかけられる作りにもなっています。
色々なフェーヴを飾ってオリジナルの世界を作ってみてください。

材料

  • 2ミリのカルトン
    適量
  • スキバーテックス
    濃淡で2色
  • ケント紙
    適量
  • 厚手(320g程度)のケント紙
    適量
  • 額装用のテープもしくは1,5ミリ幅のリボン
    6センチ
  • リング
    1個

道具

作り方

  • 1
    紙の方向を確認します。両手でこのように持って曲げてみて、抵抗の強い方(しならない固い方)が図の矢印のような方向になっています。
    カルトンは紙の方向と、直角を確かめながら切ります。
  • 2
    2ミリのカルトン
    ①13,6×11,6cm
    ②11,6×3cm 2枚
    ③14,0×3cm 2枚
    ④6×2,8cm 2枚
    ⑤8,4×2,8cm 2枚
    ⑥14×12cm
  • 3
    ①の真ん中に8,0×6,0センチの長方形を書きます。
  • 4
    線の外側に④の厚みに糊をつけたものを貼ります。
  • 5
    ④の両面をクラフトテープに糊をつけて貼り、固定します。ヘラで空気が入らないように貼ってください。
  • 6
    ⑤も貼り、側面の外側内側すべてクラフトテープを貼って補強します。
  • 7
    今度は①のカルトンの厚みに糊づけし、②のカルトンを側面に立てて貼ります。
  • 8
    ②を貼り終えたら(クラフトテープも)、③を同じように貼り、クラフトテープで全ての接着面を補強します。
  • 9
    全てのカルトンの厚みに糊をつけます。
  • 10
    ⑥で蓋をします。⑥は14×12cmのカルトンの中央に8×6cmの長方形をくり抜いてあります。(枠の部分が3cm)
    このとき少々のズレもないように注意してください。
  • 11
    すべての面をクラフトテープでしっかりと補強します。
  • 12
    箱の中は濃い色のスキバーテックスを使います。
    底をまず貼ります。貼り方は「フェーヴを使った小さな箱」のレシピ12、13を参考にしてください。
  • 13
    中の側面はケント紙
    7,8×2,9cmを2枚
    5,8×2,9cmを2枚
    一枚目は小さい方のケント紙を1cmの糊しろをとり、図のように切り、下の部分のみを折返して糊づけします。
  • 14
    このように貼ります。
  • 15
    2枚目以降はスキバーテックスを貼る前にケント紙を箱に合わせてみて必ずサイズを確認して下さい。きつい場合は少し端を切って余裕を持たせて。
  • 16
    箱の中側面の貼り方は「フェーヴを使った小さな箱」のレシピ14~19を参考にしてください。箱の中がこのように貼れました。
  • 17
    側面の四方に厚手のケント紙(320g)を貼ります。
  • 18
    薄い色のスキバーテックス54×5cmを、上下1cmずつの糊しろをとり箱の外側にぐるりと貼ります。糊しろの角は裏表とも図のようにハサミを入れます。
  • 19
    このように貼れました。箱の外側の貼り方は「フェーヴを使った小さな箱」のレシピ7~9も参考にしてみてください。
  • 20
    13,8×11,8cmのケント紙の中央に8,2×6,2cmの長方形をくりぬき、外側と同色のスキバーテックスを貼ります。糊のつきをよくするために糊しろ部分にヤスリをかけます。
  • 21
    上から貼ります。
  • 22
    繋ぎ目が目立たないようにヘラでよくなじませてください。
  • 23
    2ミリカルトンを13,5×11,5センチに切り(レシピ2の写真外)スキバーテックスで包み、中央の上から3,5cmに幅1,6cmの切り込みを入れ、リングにテープを通して差し込みます。
  • 24
    裏はカルトンをテープの厚みの分を堀り(カルトンをはがし)、糊をつけてテープを図のように上下に広げて貼ります。平らになるようによく押さえて。
  • 25
    クラフトテープに糊づけをし、十字に貼って固定します。糊しろにヤスリをかけます。
  • 26
    裏面に貼って出来上がり。
    壁にかける場合は、厚みの少ないフックや釘を選んで、箱がなるべく壁に並行になるようにして下さい。壁との隙間にパタフィックスを挟んで壁と並行にしても。
  • 27
    猫のお昼寝フェーヴを飾ってみました。
  • 28
    色々なフェーヴを飾って遊んでみてください。
    今回は濃淡2色のスキバーテックスを使いましたが、色々な紙を使って作ってみても面白いと思います。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

このボックスは、中が空洞になっているので、しっかりとした土台を作ることが大切です。カルトンの方向を利用し、どの面もクラフトテープでしっかりと補強してください。 
壁掛けにする必要のない場合は、レシピ23で13.5×11.5センチのケント紙をスキバーテックスで包んだものを裏に貼って完成させてください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

lecahierbleuさんの人気作品

「フェーヴ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.