ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

マルチボーダーのクロックスマンモス風リメイク♡

お気に入りに保存 24人

投稿者: michi_ko

マルチボーダーのクロックスマンモス風リメイク♡の作り方

このハンドメイド作品について

子どもに買ったなんちゃってクロックスに毛糸でカバーを編んでマンモス風にリメイクしてみました(๑´ڡ`๑)

材料

  • 合太の毛糸
    適量
  • かぎ針
    5号~6号
  • 接着剤
    布などに使えるタイプ

作り方

  • 1
    鎖5目からグルグル細編み(両サイドで2目増し目×2をして楕円にする)履く人の足に当ててみて指1本分ぐらいのゆとりがあればOK。
    (きゆなはれるさんの「おうちばき」参照)
  • 2
    白い点線のところまでは色を変えて筒状に編んでいく。(足入れ口を超えると折り返すときに編地がだぶつくので、口の手前1㎝程に編み地がくるまで)
  • 3
    つま先が編めたら靴の中に入れ込み、足入れ口のカーブに合わせて中敷き部分を往復編みで編み足していく。(ピンクの部分)
    数段ごとに両端で減らし目していく。(その都度靴に入れて微調整)
  • 4
    踵部分は糸を付けて(3の図を参照)両目増し目しながら4段編み、かがって立体的にする。
  • 5
    折り曲げる部分は、画像に記載した説明通り。
    4段目以上は特に編み地に引き連れがなければ増減なく地面から1㎝上まで編み続ける。
    小さい場合は5段目で5目ごとに1目増やす。
  • 6
    靴の中敷き部分に接着剤を薄く塗り、足にカバーを履き、そのまま靴に足を入れて接着剤と編地を接着させる。
    (手で入れこむとカバーの形が安定してないので、よれてシワになる危険が。)
  • 7
    中敷き部分がシワなく接着したら、足入れの上部内側に接着剤を付けて甲の部分を接着。
    カバーを折りこみ、折り曲げた部分から接着剤がはみ出ないよう気を付けながらぐるっと貼り付けて完成。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

1回コツが分かれば、子ども用から男性の大きなサイズまで編めます♪
ポイントはやや大きめサイズのサンダルを選ぶこと。
ピッタリすぎると、きつくて足が入りません。
糸も太すぎるときつくなるので、適応針4~6号の合太ぐらいの糸がおススメです。


靴とカバーを接着する際、足にカバーを履いて靴に入れ込むためあまり接着剤を付け過ぎると靴下や足に着くので気を付けて(笑)

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

michi_koさんの人気作品

「かぎ針」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.