ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

フェザールー風中綿ナイロントート

お気に入りに保存 14人

投稿者: pnopno

フェザールー風中綿ナイロントートの作り方

このハンドメイド作品について

見た目に暖かい、モコモコしたナイロントートを自分で作ってみたいと思いました。
自分で作れば、生地も大きさも自由に決められます。
写真のものは、A4用ファイルが縦にも横にもちょうど入る大きさです。

バッグの表は、ナイロンの表地だけだと綿が透けるので、ナイロン地の下に白い薄地の内布を2枚重ね、その2枚の間に綿を詰めています。
持ち手の中央に力布を付け、強度を高めています。

材料

  • 表布(ナイロンタフタ)
    42cm×39cmを2枚
  • 表地の内布(白・薄地)
    42cm×39cmを4枚
  • 裏地用の布(ハーフリネン)
    42cm×39cmを2枚
  • 持ち手表布(ナイロンタフタ)
    38cm×12cmを2枚
  • 持ち手内布(白・薄地)
    38cm×12cmを2枚
  • 持ち手の力布(ハーフリネン)
    10cm×10cmを2枚
  • 中に詰める綿
    およそ80グラム前後

作り方

  • 1
    生地の裁ち方、作り方は資料にもくわしく書いてあるので参考にしてください。
  • 2
    バッグの表を作ります。
    ナイロンタフタ1枚の下に、白い薄布2枚を重ねあわせた状態で縫っていきます。
  • 3
    バッグの入れ口になるラインを3cmのところで折り返して縫います。
    そのあと、白い薄布と白い薄布の間部分に綿を詰めながら、キルティングするように縫っていきます。
  • 4
    写真のように、綿を挟み込んでは縫うのですが、綿が均等に行き渡るように、触ったときボコボコしないように、気をつけて詰めていきます。
  • 5
    綿を詰めた布が2枚できたら、2枚を縫い代1cmで中表に縫い、バッグの形にします。

    次に立体的に折り、バッグのまちが10cmになるラインで底の角を三角につぶして縫います。
  • 6
    次に持ち手を作ります。
    白い薄布を半分に折り、綿を挟みつつ1cmの縫い代で縫います。縫い代が出たままでOK。

    ナイロン生地のほうは中表で縫い代1cmで縦を縫い、ひっくり返します。
  • 7
    写真のように綿を詰め終えた持ち手の内布の端に安全ピンをつけ、そこに二つ折りにした棒につけた紐のようなものを通し、

    大きなゴム通しのような要領で内布を表布の中に通します。
  • 8
    10cm×10cmの布を半分に折り、開きを1cm折り込み周囲を縫い、4cm×8cmの小さい布を作ります。

    これを、持ち手の中央に手縫いで縫い付けます。
  • 9
    【←注意】このとき、持ち手の縫い代は力布の中央ラインに来るように力布をおいて縫い付けてください。

  • 10
    【←注意2】そして、バッグに持ち手を取り付けるときには、縫い代は正面から見て内側にくるように取り付けてください。

    上の写真を良くみてみるとわかりやすいと思います。
  • 11
    バッグの裏地も表と同じ要領で作ります。

    最後に、バッグの表と裏地を出来上がりの状態になるよう重ねあわせ、間に持ち手を挟み込み、入れ口をぐるっと一周縫い合わせます。

    できあがり!
  • 12
    バッグの持ち手は、写真のものは、バッグの両端から8.5cmのところにつけました。

    また、持ち手の長さは、内側が30cm、外側が32cmと、少し内側へ傾くように取り付けました。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

綿をつめるときに、自分の理想の厚みになるように、隅々まで、同じ厚みに表面は滑らかになるように、ていねいに詰めるところをがんばりました。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

pnopnoさんの人気作品

「トートバッグ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.