ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

豆本風ふせんBOOK

お気に入りに保存 55人

投稿者: tokura_saki

豆本風ふせんBOOKの作り方

このハンドメイド作品について

バラけていると意外と使いづらい「付箋」をまとめて、使いやすくしました。

材料

  • 厚紙(お菓子のパッケージ等)
    1
  • 折り紙(柄つき)
    2
  • 付箋
    適量
  • 方眼紙
    オプション
  • 紐(レース糸、リボン等)
    オプション

道具

  • 工作用マット(カッター台)
  • カッター、はさみ、定規
  • スティックのり

作り方

  • 1
    まず、付箋の大きさを定規で測って、完成品の大きさを決めます。
    今回は、縦7.5cm、横5.5cm、厚さ1.0cmの大きさの付箋本を作ります。
  • 2
    方眼紙をカッターで切って型紙を作ります。
    今回は、
    縦=7.5cm
    横=5.5×2+1.0=12.0cm
    の大きさの長方形の型紙を作ります。
  • 3
    いい感じのお菓子のパッケージを発見したので、型紙をあてて印をつけ、カッターで切り出します。
    (ちなみにプ◯ッツの箱です)

    ※ 方眼紙の型紙作りは省略しちゃっても構いません。
  • 4
    表紙、背表紙、裏表紙の3枚を切り出します。
  • 5
    縦7.5cm、横5cmくらいの紙を用意し、真ん中に背表紙部分をのり付けします。
    今回は方眼紙の余り部分を使ってみましたが、裏が白(無地)または柄の紙なら何でも良いです。
  • 6
    背表紙から2ミリくらい隙間をあけて、表紙部分と裏表紙部分をのり付けします。
  • 7
    裏返して、折り紙で包んでいきます。
    15cm×15cmの折り紙なら、下の部分が余るのでカッターでカットします。

  • 8
    (カット部分の計算方法)
    今回は、余白=約1.3cmになるので、
    7.5+1.3×2=10.1
    よって、下から4.9cmくらいをカットします。
  • 9
    背表紙をのり付けし、表紙と裏表紙も折りながらのり付けしていきます。
  • 10
    背表紙のところを先にのり付けします。(はさみで切り込みを入れる)

    表紙・裏表紙部分は、最初に角の部分を三角に折り、上下と右を折ってのり付けします。
  • 11
    のり付け完了。
  • 12
    これで完成でも良いのですが、今回は豆本っぽくするために、背表紙部分に別の紙を貼ります。
  • 13
    背表紙部分に別の紙をのり付けしました。
  • 14
    開いて付箋を並べてのり付けします。
  • 15
    持ち運び用に紐(レース糸)やリボンで縛って完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

豆本づくりにちょっとハマっているのですが、中身も作らなきゃならないし結構面倒なので、豆本よりもずっと簡単に、それっぽく可愛く作れる小物を考えました。
付箋カバーは、実用性重視なら厚紙を折るだけで簡単に作れるのですが、一手間かけるとなかなか可愛く作れますね。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#付箋 , #豆本 ,

tokura_sakiさんの人気作品

「付箋」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.