ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

かぎ針編みで ☆ まるっこいリボン

お気に入りに保存 392人

投稿者: みつ^^

かぎ針編みで ☆ まるっこいリボンの作り方

このハンドメイド作品について

幅7cmほどの小さめのリボンです。 ヘアゴムやヘアピン、ブローチに使えると思います♪ 二重の編み地を折りたたむと厚みが出てしまって形を整えるのが大変だったので、一重の編み地で立体感が出るように考えました。

材料

  • コットン糸(中細)
    少量

道具

  • かぎ針 3号

作り方

  • 1
    編み図を参考に、リボンの本体を編みます。
    鎖14目を輪にし、細編みで編んでいきます。
    1段目両端では鎖1目に5目入れます。初めから両端の鎖目だけ緩めに編んでおくと編みやすいです。
  • 2
    2~4段目では、両端で編み図のように増し目をします。
    5~6段目では、増し目をしないで細編み1目に対して1目編んでいきます。
    6段目は気持ちきつめに編むと丸みがでます。
  • 3
    本体が編み上がったところです。
    中央の部分は隠れるので、段の変わり目が多少汚くても大丈夫です(^_-)-☆
    編み終わりの糸だけを残して、他の糸端をそれぞれ始末します。
  • 4
    リボンの真ん中の帯を編みます。
    鎖14目を輪にして、今度は増し目をしないで細編み14目で3段編みます。
    糸端を1本残して糸始末します。
  • 5
    本体をM形に折りたたみます。
    3段目が山頂になるように折りたたみ、残しておいた糸端で上の2~3段だけをだけを縫い留めます。
  • 6
    裏にすると、こんな感じ。
  • 7
    真ん中の帯に本体を通します。
    形を整えてから、帯の糸端で留め付けます。
    後からゴムやピンを通すため、縫い付けるのは表側だけにします。
  • 8
    できあがりです♪
    糸の色は変えずに一色でも、キティちゃんのリボンぽくって可愛いと思います!
  • 9
    裏にして帯にヘアゴムやピンを通して使ってください。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

きつく編む必要はありませんが、ゆるすぎると形が崩れやすいと思います。最後の段だけは少~しきつめに編むといいです!

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

みつ^^さんの人気作品


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.