ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ちりめんの和風リボン

お気に入りに保存 33人

投稿者: Liyu*

ちりめんの和風リボンの作り方

このハンドメイド作品について

袴や浴衣に合うような髪飾りがほしくて、和のリボンをつくりました^^*
(20130818)

材料

  • 布A(リボンの上の部分)
    横18cm×縦9.5cm(2枚)
  • 布B(リボンの下の部分)
    横28cm×縦11cm(2枚)
  • 布C(リボンの真中にぐるっとまく部分)
    横9cm×縦12cmほど(1枚)
  • コーム
    1つ
  • レース
    適量
  • 造花
    適量
  • パールのビーズ
    適量
  • ツイストコード
    適量
  • 適量

作り方

  • 1
    布地をカットし、布A、布B、布Cを用意します。
  • 2
    2枚の布Aの表同士を合わせ、1cmの縫い代をとって縫い合わせます。あとで裏返すので、2cmほど隙間を残します。
    レースをつける場合は、このとき一緒に縫います。
  • 3
    布Bも、布Aと同じように縫い合わせます。
  • 4
    布Cは、半分におり、縫い代を1cmとって、筒の形になるように縫います。
    そして、縫い代が内側になるように裏返します。
  • 5
    布Aと布Bを裏返します。
    布が浮いた感じになっていると思うので、当て布をして、形を整えつつアイロンをかけます。
  • 6
    布Cの適当な位置に造花を縫いつけます。
    造花をガクの下あたりで切り、パールビーズを花の中心に通して、布Cに縫いつけます。
  • 7
    あとは、これを組み立てていきます。
  • 8
    布Aと布Bをくっつけます。
    布Bの適当な位置に布Aを重ね、真ん中にぐるぐるっと糸を巻いて固定します。
  • 9
    ツイストコードをつけます。
    適度に糸で固定しながら、形を整えていきます。
    コードがほどけないように、コードの端はしっかり結びます。
  • 10
    布Cを、造花のバランスをみながらリボンの真ん中に巻き、縫いとめます。
    布Cが長い場合は、切ったり折ったりして長さを調節します。
  • 11
    あとはリボンのうしろにコームを縫いつけて、完成です!^^

このハンドメイド作品を作るときのコツ

造花を縫いつける際は、花どうしをできるだけ近くに縫いつけるときれいになります。(花どうしがあまり近くないと、布Cを巻いたときにバラっとした感じになります^^;)

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

Liyu*さんの人気作品

「リボン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.